再生ボタン押すだけで聴けます。

http://yukyo-irifune.jugem.jp/?eid=933

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

         

archives

Ana

情報

 

 

 

4.6 泉州からxiamen(アモイ)

0
     朝はホテルをチェックアウト、そのまま荷物を預けて街中へ。


     天上聖母という、海の神様をまつったお堂へ。

     造船所にもありましたね。


     世界で最初に大航海をした中国人、鄭和さんという方が出向前、必ずここにお詣りに来ていたそうです。

     
     また、台湾からの参拝客も多いです。
    この土地の言葉と台湾の言葉は同じだそうで、こちらの人が台湾へ移った歴史があるとのこと。



    許「ここは、お寺じゃないです。」


    遊「神社ですよね。」


    許「違います。」


    遊「え??でも、神様ですよね?」


    許「神社は、あれ、軍人でしょ。」


    遊「いえいえ、違います!靖国神社や慰霊碑もありますけど、神道で、必ず軍人をまつっているというものではありません。

     許さんの誤解です。もし中国の友達に話す機会があれば訂正してください。」



    許「おお……分かりました。僕はアニメを見すぎました。それで間違えました……」



    遊「ん??神社ですよ。」



    許「神社はよく闇で暗殺とかします。」







    遊「それは忍者です。」










     一人だと絶対通らない工事現場を抜けてきました。


     この李さんは、かんたんに言うと、道教、仏教、神教の良い部分をとって、それを自分の中から見つける(許さんの説明)といった哲学家で、許さんにとっては孔子みたいな人なんだそうです。




     古い町並み。




    許「ここは昔は街の中心でした。両替など、世界のウォールストリートと呼ばれていました。」


     世界のウォール街……



     白いのは魚のすり身。


     右は肉のちまきです。ピーナッツバター味。


     

     


     アモイは海辺の街です。


     





    許「今晩は僕の友達がごちそうしてくれます。フルーツを買っていきましょう。」




     許さんが夏は一日一つ食べるくらい好きなスイカ。