再生ボタン押すだけで聴けます。

http://yukyo-irifune.jugem.jp/?eid=933

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

         

archives

Ana

情報

 

 

 

3.28 上海 → 杭州

0

     上海の朝。いい天気です。



     



     みなさん、早上好!!



     IMG_20170328_102924.jpg



     



     よく見ると分かるのですが、ベランダから物干し竿が縦に何本も飛び出しています。刺さっているみたい。



     



     IMG_20170328_103737.jpg



     



     中国は日本よりもレンタサイクルが浸透しています。



     最初に保証金で百元ほど必要ですが、後は1時間1元で使えます。



     



     そのときにスマホのアプリ「微信 we chat」が必要です。



     



     中国版ラインといった感じなのですが、銀行口座と連動していて、お店やタクシーの支払いなんかも許さんはこれでやっています。



     



     一番驚いたのはタクシーを呼ぶ機能。許さんの携帯でよく呼ぶのですが、暇なおじさん、おばさんとかが普通の自分の車でやって来ます。



     許可証のないタクシーということになります。これで食べてる感じの人もいました。



      



     ここ2年くらいの機能だそうで、まだまだ規制前だそうです。



     



     日本では考えられませんよね。まず、知らない人の車に乗ってはいけないというのが、子供のころからの常識ですし、知らない人を車に乗せたくないと思います。みんな1000円もらっても嫌でしょう。



     



     



     話を自転車に戻すと、写真の自転車は電気自転車なんです!!



     



     すごい!!中国は進化しています。



     



     また、地元の人で自転車に乗っている人は少ないように思います。



     ほとんどが電動スクーターです。



     



     見た目は完全な原付なのですが、免許不要です。



     誰でも乗るので、携帯使用中の若者、おばはん、中学生なんかが結構なスピードで歩道を走っています。



     



     音がしないので後ろから来ても分かりません。



     日本だと無理だと思います。規制前にパッと流行る機動力があるんじゃないかと思います。



     



     



     また、バスなんかは液化天然ガスや、ハイブリッド車がほとんどで、排気ガスをがんがん出しているものはほとんど見ません。



     



     このバスがまた安い!



     



     だいたい2元ですから、日本円で40円しません。



     



     おととい乗ったときは1元でした。



     



     



    遊「あれ??今まで2元じゃなかったですか??」



     



     



    許「窓が開いています。」



     



     



    遊「はあ。」



     



     



    許「空調をつかっているときは2元。使っていないときは1元になります。」



     



     



     なんとも合理的!!



     



    IMG_20170328_110451.jpg



     



     朝ごはんはチェーン店です。



     だいたい30元くらい。この骨のない魚が上海の名物なんだそうです。



     汁をご飯にかけて食べるのが中国スタイル。



     



     



    IMG_20170328_114303.jpg



     



     結構高いところでも竿突き出しています。



     



     下を歩くのが怖い・・・



     



    IMG_20170328_114508.jpg



     



     



     杭州までバスにしたのはなぜか??



     



     



    許「世界一長い、海上の橋を通ります!!60kmほどあります。世界一です!」



     



     



     この橋を渡りたいからです!



     



     上海から寧波まで3時間。



     


     隣の人が大声で電話をします。



     



     ですがそれで振り返る人や注意をする人はいません。



     



     舌打ちの音がしても、それはその人の癖です。



     



     



     



     30分ほどして静かになったと思ったら寝ていました。




    IMG_20170328_124046.jpg



     




     



     



     



     



     家族旅行の子供かい。



     



     



     



     



     IMG_20170328_132541_2.jpg



     



     



     いよいよ橋を渡ります!!



     



     



     IMG_20170328_132904_1.jpg



    IMG_20170328_133939.jpg



     



    IMG_20170328_134338.jpg



    IMG_20170328_134639.jpg



     



     



     茶色い。



     



     これ海なのかなぁ。。。



     



     



     IMG_20170328_134639_2.jpg



     



     



     橋をおりてすぐ。



     



     



     これは田んぼ。。。??



     



     



     



    許「残念です。。。橋を少ししか渡りませんでした。あの運転手。お金をケチりました。残念です。。。」



     



     



     



     岸から岸まで渡ったのでどういうことかと思って調べてみると、この橋は陸上部が長いようです。



     



     



     陸上部も含めて34km。



     



     日本の瀬戸大橋が12km。



     



     ちなみに世界で一番長いのは同じく中国は、青島の橋です。42km。



     



     一続きの橋としての最長は、アメリカのポンチャートレイン湖の橋です。



     



     



     寧波について、高速鉄道に乗り換え。杭州へ向かいます。



     



     



     



     許さんが切符を買うのを駅の片隅で待ちます。



     



     



     同じように荷物をもって待っているおじさんがいます。



     



     



     痰をはきます。



     



     



     しばらくすると、振り返って痰を吐きます。



     



     



     またしばらくすると、きょろきょろして電光掲示板をみながら痰を吐きます。



     



     



     一箇所にいつづけると痰スプリンクラーになるようです。



     



     



     2歳の赤ちゃんが痰を吐いていたのは微笑ましく感じました。