再生ボタン押すだけで聴けます。

http://yukyo-irifune.jugem.jp/?eid=933

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

         

archives

Ana

情報

 

 

 

3.27 虎丘→上海

0


     留園のあと、どこか行きたいところはないですか??と許さんが聞いてくれます。

     正直よく分からないのですが高い塔がある虎丘へ。

    許「僕はもう3回来ているのでいいです。入船さん、一人で見てください。」








    東洋の斜塔と呼ばれているそうです。



    見ていると不安になります……







    そのまま上海へ。

     どこか行きたいところはありませんか?
     と急に言われ、困りましたが、とりあえず雑技をリクエスト。

     雑技の本場は東北の街と、福建省なんだそうです。

     上海にもあるそうで探してくれます。駅近のホテルに荷物をおいてから行くことにしました。

     時間がギリギリなので地下鉄をやめて、タクシーへ。ところがこれが裏目に。

     18時半くらいでしたがラッシュに巻き込まれてしまいます。

    許「Oh!! Shit!!」

     ホテルに荷物をおかず直接劇場へ。


    360度写真(クリック)
     周りは中国人はほとんどいません。

     ハイネケンの瓶ビールとポップコーンを持つと楽しい気分になってきます。

     荷物は預けられなかったのですが、優しい係員の人が掃除用具入れを貸してくださいました。


    係員(男)「内緒よ。(^_-)-☆」




     正直、かなりすごい……

     チケットは日本円でも5千円ほどですが高く感じません。空いた口がふさがりません。

     最初の自転車ショー。後半のモーターバイクショー。が圧巻!!


     許さんもノリノリです。

     まずはオープニング。

     照明が全部消えた途端。「ワーオ。」と言ってなぜか笑いだします。客席で唯一のリアクションです。



     拳を突き上げ応援します。


    許「ハオォォォ!!」


     これはいいプレーのときです。


    許「謝謝!!」


     感動の極みのとき。



     そして、8人ほどの演者がジャンプの成功の度に「ハッ!」と声を揃えますが、許さんも客席でただ一人、「ハッ!」と声を揃えます。


     また、演者がはけるときは、手を降って、「バイバーイ!」と見送ります。


     客席のメリケン達は本場の応援の仕方を見て良い思い出になったでしょう。

     

     私はもしこんな落語のお客さまがいたら戸惑いますね。


     帰りは地下鉄。


     
     焼きビーフン。

    許「入船さん、今日の雑技どうでした??」


    遊「面白かったです!いやー、前々から見たかったんですが今日はびっくり!!すごい迫力でした!!ありがとうございます。許さんも疲れたでしょう。」




    許「今日の雑技。僕はほとんど見たことがあります。」




    遊「え?」




    許「一つ、二つは初めてみました。後は珍しくないです。」





     ……??……二重人格……??