再生ボタン押すだけで聴けます。

http://yukyo-irifune.jugem.jp/?eid=933

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

         

archives

Ana

情報

 

 

 

3.26 南京→蘇州へ

0

    朝は南京大虐殺記念館へ。


     こういうところでもおもちゃを売ってるのは意外です。



     正直行きたくはなかったです。

     


     日曜にも関わらずすごい人です。小学生くらいの団体が何件も。西洋人も何人かいました。

     


     日本だと数の多い少ない、本当はなかった、などの話題で止まることが多いですよね。



     私も正直名前くらいしか知りません。



     かなり力のこもった展示で、苦しむ人の彫刻や絵などもたくさんあります。




     埋まった遺骨もそのまんま展示していました。



     日本軍兵士の証言が生々しくえぐかったです。



     女の人をそこいらで担いだとか、ちょっとした八つ当たりが捕虜の集団パニックを引き起こし、みんな殺すことになってしまったとか。




     戦争という状態の恐ろしさに身の毛がよだちます。



     盧溝橋事件記念館もそうでしたが、最後の文面には「弱ければやられる」という記述がしっかりとあります。

     

     

     


     国威発揚として利用されることなく、人間の怖さのの記録として残っていってほしいと思いました。





     昼飯。


     ご飯が良かったのですが時間がかかるということで断念。



     鴨が南京の名物だそうです。

     塩っ辛い!!





     その後は蘇州へ。



     寒山寺は寒山拾得のいたところです。

     あのユーモラスな水墨画がいいですよね!


     



     私のイメージと違う……寒山拾得像……



     許さんはすぐ始まる法要に参加したいそうです。私はまた罰があたるといけないので断りました。


     法要中の許さん。参加しなくて良かった……許さんも、お経を読むのに着いていけていません……




     周辺を散策。


     


     シャッターに修理業者が電話番号を残しています。量がすごい……嫌がらせかよ!僕が持ち主なら怒ります。




     しばらくして合流すると知らない青年が。


     



    許「龍さんです。先ほど法要で知り合いました。彼は少数民族の出身です。この後、一緒に観光しましょう!たまたまです。結構すごいです!トイレにいきます!」



     興奮した許さんはトイレに行き、你好,謝謝しか話せない私をいきなり二人きりにさせます。



     昔の雰囲気が残る街へ



     なんか臭い街です。



     中国人は本当に親切。知り合ったばかりの龍さんが奢ってくれます。


     


     以前、大慶でも食べた臭豆腐。



     今回のは揚げてあり、外がパリッとしています。辛いタレにパクチー。キュウリが3枚。



     うまいです!豆腐好きの私にはたまらないです。お酒のお供にも良いでしょう。



     ただ臭い……タクシーから降りたときの街の臭いは、入口すぐのこの臭いでした。



     動物園のゾウ舎の臭いがします……



     みんな好きみたいで結構売れています。通りすがる人たちも、羨ましそうにみてきます。




     よもぎ餅。油が塗ってあって。ビニールの手袋をはめて頂きます。



     一生懸命勉強しています。





     100%オレンジジュースの自販機。

     オレンジが並んでいます!!


     扇兵衛さんに見せてあげたいですね。



     

     お兄さんはメガネを買うそうで、先にお店を探します。


     


     許さんはまた頼みすぎてしまいました。



     北京ダック。許さん曰く、ダックは鴨なんだそうです。



     また、あまり辛くなく、甘い味付けがこの地方の特徴だそうです。


     


     私はこれがうまかった!


     雑炊みたいにお米が入っています!


     泡飯というそうです。




     昼南京でこの雑炊を頼みたかったんですが、時間がなく頼めず、麺にしてもらったんです。








     許さんは、覚えてくれていたんだ……!






     心が暖かくなりました。







     許さんが店員さんを呼びます。








    許「店員さん!なんでご飯なの!僕は麺を頼んだんだ!!ご飯じゃない!麺だよ!!」







     

     私の思い違いでした……^_^;







     でも、泡飯はただになりましたよ!





     またお兄さんはテレビとネットの融合の仕事をされているそうで結構忙しそうに電話をうけます。




     中国人のことをどう思うかときかれました。





     また、朝南京大虐殺記念館に行ったこと自体をとても喜んでいました。