categories

         

雨上がりの散歩

0


     雲の巣にひっかかった雨粒は玉となり




     それはまるで水晶のように、曇り空の光を溜め込んでキラキラとしていた






     もしも私が蜘蛛なら



     髪を掻きむしって首振りながら




    「ヴゥァァあぁぁぁあ!!」


     


     って泣き叫ぶだろうなぁ。。。


    コメント
    コメントする