再生ボタン押すだけで聴けます。

http://yukyo-irifune.jugem.jp/?eid=933

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

         

archives

Ana

情報

 

 

 

21日目 3.7 青島

0
    ご厚意で青島では良いホテルに泊めていただきました。

     朝はホテルの朝食が豪華。納豆がうれしい。^_^ プリンとコーヒーもいただきました。


     お昼まで時間があります。

     まずは靴を買いに。
     お目当ての店は閉まっていました。



     高座前にキレイにしたいので同じフロアの床屋へ。自分では注文できず、許さんに手伝ってもらいます。アダプターなしで櫛だけを使って刈り上げます。つまづくとそこの毛がなくなるんですからスリルがあります!




     50元。いいね!

      店を出る頃には靴屋も空いていました。サイズの数がないとかで安め。 MERRELLの靴を500元で日本で買うよりは安い!

     昼ごはんは街中の学食みたいなところへ。 許さんに朝を食べたと伝えたんだけど餃子20個二皿と、揚げ物の山を注文。 謎です。

    その後、許さんは旅のしおりをプリントしに行くとのことなのでホテルに戻って稽古。

     マクラの中国語での挨拶から稽古。 夜の落語会もあるぞ!。

     13時40分に下まで迎えに来てくださり、 久々に着物と再会。

     会場へ到着。
     教授担当の生徒さん方が準備を手伝ってくれました。

     着物をかける予定のホワイトボードには紙を貼ってキレイにしてくれています。 プロジェクター、出囃子の音量もチェック。
    この領事館さんのスライドが本当にいいんです。

    図解で
    登場人物の関係、お互いの呼びなどをわかりやすく。

    天神さま→菅原道真公のことまで解説。

    みたらし団子や綿飴は写真付きで。

    「おっぽりこむ」「いい子にする」などは中国語での訳も出します。


    これを領事館の方、日本人のスタッフは日本語で、その後、中国人のスタッフは中国語で説明してくださいます。


    また、落語が難しくても見て楽しんでもらえるよう、着物を着るところを見せることに。

    畳むのも面白いと思ったのですが後ろからは見にくいと思いまして着るだけにしました。


    ここは領事館の方と即興で打ち合わせ。
    私はあえて、一言も喋らずに着ることに。

    まずは、高座の上に風呂敷を置いておきます。先生の挨拶の後、肌襦袢にステテコの私が登場。

    風呂敷から着物、羽織をホワイトボードのハンガーにかけ、それを着ていきます。

    襦袢の襟だけ取り外して清潔を保つだとか、羽織は前座のうちは着られない、夏と冬で生地がかわるなどの説明を、領事館の方が解説。


    コントですね。

    学生さんがボチボチ来たので慌てて支度をします。

    順番としては、

    大学教授挨拶

    着物着付け

    初天神解説

    初天神

    質疑応答

    です。

     まず、教授の挨拶。
     自分は昔浅草の寄席で落語を見たことがある。わざわざ日本まで行ってもちろん入場料も払って3千円くらいした。
     皆さんは日本に行くこともなく、さらに無料です!

     と、笑いをとります。
     (ここも日本語で話されています。)

     そして着物解説。
     私は一礼だけして、一言も言わずに着物を着ていきます。170人の生徒さん、興味津々!こちらを見てきます。恥ずかしい!

     帯を占めるところなんか特に面白いみたいです。

     無事終了。
     責任は果たした感じです。

     領事館の方の解説。

     いよいよ初天神。
     つかみの挨拶は中国語で。たった3フレーズでしたがつかみはよし!

     その後、座布団、手ぬぐい、扇子など所作を紹介していよいよ本編へ。

     いやぁ驚きました。

     まさかのまさか、たくさん笑っていただけました!学生さん、すごい!

     仕草で笑うとかじゃないんです、本当に普通に素直に楽しんでくださいました。え!ここ分かるの??という感じ!

     落語はすごいなぁ。

     かなり乗せてもらいました。

     外国の方の前で公演をする際、英語落語とか字幕付き落語とかいろいろ形式はあります。

     が、今回は本番中は訳なし!!

     外国語を勉強して、その言葉で笑うって本当にレベルの高いことだと思います。

     なんというか、落語も嬉しいんじゃないかと思います!
     
     毎晩ホテルの中国語のお笑いテレビで笑えない私は本当にうらやましく、尊敬いたしました。

     

     ホテルのテレビとか、こっちで許さんが中国人同士話しているのを聞いていて、たまに私でもわかる部分があります。

     それだけでも嬉しいんです。あ、その言葉聞き取れた!という感じで。

     この日笑えた生徒さんは相当嬉しかったんじゃないでしょうか。


     初めて落語を生で聞いた中国人が170人増えたのか……

     罪悪感も感じますが、彼らがこの先、今日の思い出をどこかに抱いて日本と関わっていくのかなと思うと正直嬉しいです。
     
     こういう高座にはこの旅に出なければ上がれませんでした。

     伝える、落語を楽しむということについて教えてもらえました。


     そして、いい気分のまま夜は青島日本人会さんへ。




     日本人の方が厳しいですね!(^^)/

      時そば 尼狐 崇徳院
     三席申し上げました。

     久々なので喉もくたびれました。

     ですが打ち上げも楽しく喋ります!


     ああ、おしゃべりって楽しい!


     このような機会を与えていただき、青島の皆さま、誠にありがとうございました!