再生ボタン押すだけで聴けます。

http://yukyo-irifune.jugem.jp/?eid=933

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

         

archives

Ana

情報

 

 

 

17日目2 丹東

0
    けっこう歩き回ってクタクタですが、一番近い道で帰ろうとすると、

    「この省の8名景の1に数えられる公園があります。行きましょう。」


    ええ、行きますとも!(*_*)





    山の上に城が見えます。
    許さんは入口を見たのでOKと言いますが、私はランナーズハイ状態。

    せっかく辛い思いをして来たのだから上がって夕日を見ましょうと提案します!



    夕日が沈む前に上まで登るぜ!
    階段と坂を駆け上がります。

    許「入船さんはけっこう元気がありますね。」




    お前もな!!




    夕日に向かって走りました。
    絶景かな。絶景かな。

    モヤのせいか夕日もはっきり見えます。






    夜は許さんの提案で犬肉を食べることに……

    高級食材だそうです。


    かなり抵抗がありますが、蚕よりはハードルが低いですね。


    ただ、犬好きの人になんとなく申し訳ない気持ちになりました。


    許「この辺で店を見つけましょう。駅の近くの店は高いです。駅から遠いから安くてうまい店があります。」

    遊「なるほど。セオリー通り。」



    朝鮮料理は多いのですが意外と見つかりません。

    結局駅前まで2キロほど歩いてたどり着きました。




    微妙でした!
    肉はタンパクで縦の繊維は鶏肉に近いです。

    出汁の味が微妙!

    付け合せは朝鮮人参の辛子和え。

    でも豆腐のステーキはとっても美味しかったです。(^o^)


    お店の方も朝鮮族の方でしたが反日感情は全くありませんでした。


    そして、ホテルに帰ると問題発生。

    支配人に止められます。
    ホテルの人と許さんもお互いに曇り顔。


    許「入船さん、出ましょう。」


    え?!なんで??また??
    だから、国境は嫌なんだよ!


    というのが顔に出てみたいで、許さんに気をつかわせてしまいました。

    先ほど気になっていた喫茶店「京都」に。


    京都っぽさはゼロ。
    店主が妙に色っぽく喋るなと思ったら女の子とおしゃべりするお店でした。

    許さんが華麗に断って、男二人で苺とコーヒーを。


    落ち着いたところで一体どういうことなんですかと聞くと、


    外国人が泊まる際は、地元のけいさつに届け出が必要なのですが、ホテルがさぼっていたとのこと。

    抜き打ち検査が来たから、見つかるとまずいのでしばらく外してくれと、ロビーの人に言われたそうです。


    なんで向こうのミスでこっちが外さないといけないのかは謎です。^_^;


    こちらの商売は本当にコネが大事、あのホテルは裏の付き合いが弱いのだろう、などいろいろ聞いて勉強になりました。


    1時間後に無事に戻って泊まることができました。


    くたびれた17日目です。