再生ボタン押すだけで聴けます。

http://yukyo-irifune.jugem.jp/?eid=933

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

         

archives

Ana

情報

 

 

 

2.17 2 嘉峪関

0

    DSCN0568.JPG

     

     駅からバスに乗り、街の中心部へ。

     

    DSCN0569.JPG

     

     

    DSCN0570.JPG

     

    DSCN0574.JPG

     

    DSCN0576.JPG

     

     コピペしたように同じ家が並びます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    IMG_20170217_162522.jpg

     

     こういう団地は1万人くらいの規模なんだそうです。

     

    IMG_20170217_164450.jpg

     

    DSCN0580.JPG

     

     ホテルは7天というチェーンです。

     

     店員さんが会員になると安いですよといってくださったみたいで許さんは会員に。

     

     少し休憩。

     

     

    許「夕日を見に行きましょう。」

     

     

     途中市場が。鏡鉄市場。鉄の街という意味の名前がついていました。

     

     ここ、ジャーユーガンは鉄鋼の盛んな街です。

     

     

    許「あとでこの市場寄りましょう。」

     

     

     バスに乗り間違えてジャーユーガンの関に到着。

     

     

     

    許「着きました。」

     

     

     入場口は閉まっています。どうやら閉園したよう。

     

     許さんは出てきた若者に何か尋ねています。

     

     

    許「今のは台湾の若者です。」

     

     

     何を聞いてどう答えてもらったのかについては不明です。

     

     

     

     あと夕日を見に来たとのことなんですが、今日は曇りなんですよね。

     

     

     

     

     

    許「明日もここに来ます。

     

      さあ、帰りましょう。」

     

     

     

     ??道の確認??

     

     

     本当に何をするでもなくとんぼ返りします。

     

     

     

     

    許「市場へ行きましょう。」

     

     

     

     私たちがとんぼ帰りしている間に閉まっていました。

     

     

     

     

     

     

    IMG_20170217_195416_1.jpg

     

     晩御飯を食べに行きます。

     

     この屋台の黒い文字、日本の漢字だと「関東煮」。

     

     おでんの屋台なんです。

     

     

     

    遊「へー、関東炊きってこっちの言葉なんですか!」

     

     

    許「おもしろいですか。」

     

     

    遊「日本だとおでんと言ったり関東炊きと言ったり場所で東と西で呼び方が違うんですよ。

     

      関東って日本の関東とばかり思っていました。

     

      中国からだったんですね。」

     

     

     

    許「いえ、多分日本からです。」

     

     

     

    遊「え??」

     

     

     

    許「日本のものはオシャレという風潮があります。」

     

     

     

     確かに「原宿」という名前の服屋とかありましたが。

     

     

     

     おしゃれな関東炊き。

     

     

     

     

    IMG_20170217_204243.jpg

     

    DSCN0590.JPG

     

     

     この奥のホテルは許さんが新婚時に奥さんと泊った思い出の三ツ星ホテルです。

     

     

     

    許「懐かしいです。。。」

     

    DSCN0591.JPG

     

     ダンス教室の灯りです。繁盛していました。

     

    DSCN0583.JPG

     

     ミスドかと思いました。

     

     鶏肉の照り焼きみたいなものがケースの中に並びます。

     

    DSCN0582.JPG

     

     

     これはあちらのATMです。

     

    DSCN0584.JPG

     

    許「ここに食べるところがたくさんあります!」

     

    IMG_20170217_190151_2.jpg

     

     スケスケの食堂街です。

     

    DSCN0585.JPG

     

     おわんには麺の茹で汁。

     

     ボールの中にはにんにくの山。

     

     

    許「生ニンニクをかじりながら麺を食べます。

     

      おいしいです。」

     

     

     

     ニンニクの皮をむきながら麺の到着を待ちます。

     

     

     

     

    DSCN0586.JPG

     

     小魚麺。麺が小魚のような形です。

     

     面白かったのは、公にださない、家族の間だけの名前があるというお話。

     

     このお店の360度写真

    https://theta360.com/s/t6Rm309RTiyAf2ERvwy67Hl0W

     

     

    DSCN0588.JPG

     

     

     これは移動フルーツ売り。

     

     

    DSCN0587.JPG

     

    DSCN0592.JPG

     

     

    許「これはおちんちんの薬です。」

     

     

     奥のほうに積んである枝みたいな漢方薬のことです。

     

     

     うれしそうだなぁ。。。笑

     

     

    DSCN0593.JPG

     

    DSCN0594.JPG

     

     

    許「ロバの肉試しますか??

     

      この土地の名物です。」

     

     

     選んだお店は高級焼肉風のきれいな店内。

     

     

     焼肉かと思ったらテイクアウトでした。

     

     

    IMG_20170217_211114.jpg

     

     

     

     そとの生地は温かいのに、具が冷たかったです。 

     

     ちょっと期待はずれ。

     

     

     ホテルへ戻ります。

     

    IMG_20170217_215230_1.jpg

     

     

    許「スイカ試しましょう。」

     

     

    遊「ナイフありますか??

     

      私のはウイグル自治区の手荷物検査で没収されました。」

     

     

    許「僕のナイフは大丈夫でした!!」

     

    IMG_20170217_215510.jpg

     

     許さんは茶色くさび付いたカッターナイフでスイカを切ってくれました。