再生ボタン押すだけで聴けます。

http://yukyo-irifune.jugem.jp/?eid=933

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

         

archives

Ana

情報

 

 

 

5.6 セラ寺

0

    IMG_20170506_144147.jpg

     

     セラ寺。

     

     

     実は、私が一番興味があったところ。

     

     

     

    許「入船さん、チベットで行きたいところありますか??」

     

     

     

    遊「なんか、問答をしているお寺があるんですって。

     

      その様子が見れたら嬉しいですね。」

     

     

     

    許「無理です。日本人は入れません。」

     

     

     

     

     

     この会話をチベットに行く前成都でしたんです。

     

     

     

     どうやら行けるようです。。。

     

     

     

     

    許「僕は、外国人は入れないと思っていました。」

     

     

     

     うれしい。。。

     

     

     

     入って歩いていると、今日は問答はないとの噂が入ります。

     

     

     がっかり。。。

     

     

     とりあえず中に入ることに。

     

     

     並んでいると、ガイドさんが走って戻ってきました。

     

     

     

    ガイド「大丈夫!3時から始まります!!」

     

     

     

     良かった。。。

     

     

     

     こちらも他のお寺のように壁に沿ってぐるっと回ります。

     

     

     部屋がたくさんありまして部屋ごとに仏像が違います。

     

     

     3時。鐘がなってあきらかに問答が始まる様子。

     

     ガイドさんがみんなが並んでいる脇を進み始めます。

      

     

     仏壇の台座に頭をつけたりしました。

     

    IMG_20170506_150435.jpg

     

     女の子の鼻の頭が黒いのは分かりますか。

     

     

     子供たちは僧侶が墨のようなものを塗ります。

     

     

     これは、わざとかわいくなくしているんです。

     

     

     かわいくなくして、魔物にさらわれないように願うんですって。

     

     

     

     

     お堂をでますと、ワイワイにぎやかな声と拍手のような音が。

     

     

     

     

     

     出てすぐの庭のようなところ。

     

     

     

     

     

     やっています!!やっています!

     

     

     

    IMG_20170506_151026.jpg

     

     大勢のお坊さんが一対一で。

     

     修行の程度で入り口に近いほうから初級、中級、上級といった感じらしいです。

     

     

     

     答えるほうが山を背にしています。

     

     

     山のほうが上座といった感じ。

     

      

    IMG_20170506_152034.jpg

     

     奥のほうは密教なんだそうです。

     

     

     

    IMG_20170506_152200.jpg

     

     人によって熱が違います。

     

     

    IMG_20170506_152255.jpg

     

     

     質問する人は立っています。

     

     左手のひじに長い数珠をかけています。(女の人が手提げをかけるように)

     

     

     それを右手で下から上に手繰るようにななで上げて、手裏剣投げみたいに手を叩きます。

     

     

     そうして何か言いながら問います。

     

     

     

     

     「ウーバーチェン!!」

     

     

     

     このように聞こえましたが意味は不明です。

     

     

     

     

     

     

    IMG_20170506_153110.jpg

     

     

     小かじさんみたいなのがたくさんいます。

     

    IMG_20170506_153111.jpg

     

    IMG_20170506_153251.jpg

     

     これは試験勉強に近いそうです。

     

     仏教の試験があるそうで、その試験も口頭でこたえる形式なんだそうです。

     

     

     

     実践的な訓練といった感じのようです。

     

     

     

     ですので、「あれ、えーと、なんだっけ??」

     

     といった感じで隣の人に聞いている光景もありました。

     

     

     

     すぐ答えられないと、お釈迦様に代わって頭を叩くそうです。

     

     

     

     

     組み合わせによってはすごく楽しそうで遊んでいる感じでした。

     

     

     

     助走をつけて全身全霊で問う、熱血タイプもいました。

     

    IMG_20170506_153651.jpg

     

     

     この僧侶たちは見せるためにはやっていないと思うのですが、あーやっぱり目立たなくちゃいけないんだなとふと思いました。

     

     

    IMG_20170506_154104.jpg

     

    IMG_20170506_154304.jpg

     

     ここであの河口慧海はこのお寺にいたんだそうです。

     

     

     私も旅の途中にこの方のチベット旅行記を少し読みましたが毒舌でめちゃくちゃおもしろいです。

     

     

     

     ガイドさんが中の写真をみせてくれようと頑張ってくれたのですが駄目でした。

     

     

     

     問答中はいろいろと閉まってしまうみたいです。

    IMG_20170506_154517.jpg

     

    IMG_20170506_154522.jpg

     

     ここからもう一つの建物へ。

     

     ダライラマの密教の祈祷をやる格好の写真がありました。

     

     どくろをたくさん身につけていてびっくり。

     

     

     

     この建物は密教の隠し部屋みたいなのがあります。

     〈普通に見学できます)

     

     

     

     世にも恐ろしい合体した仏像でした。

     

     私は仏教にまったく詳しくないのですが、イメージが変わります。

     

     

     こんなものがあるのかと。。。

     

     

     

     

     

     だいたい子供のころから20年修行して普通の?仏教を修めて(試験に合格して)、そこから密教の勉強に入るそうです。

     

    IMG_20170506_160311.jpg

     

    IMG_20170506_160420.jpg

     

    IMG_20170506_160450.jpg

     

    IMG_20170506_160655.jpg

     

     仏画を修復中でした。(ほとんど新しく書いていました。)

     

     

     絵の具は天然の素材だそうです。

     

     

     子供がパンの差し入れ。これもお布施だそうです。

     

    IMG_20170506_160853.jpg

     

    IMG_20170506_160856.jpg

     

    IMG_20170506_161710.jpg

     

     

     

    IMG_20170506_193044.jpg

     

     晩御飯。

     

     

     成都のホテルも取ってくれたみたいです!!

     

     

     

     この後ちょっと街を歩いていたらおっさんに悪態をつかれました。

     

     何て言ってたんだろう。