calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

         

archives

赤坂倶楽部

14日(水)

1915分開演 @赤坂会館

赤坂遊京 

03−6277−7403

ホームページ

4.30 成都 パンダセンター

0


     朝8時に集合。


     眠たい…





     タクシーで、有名な成都のパンダ研究所へ向います。



     楽しみ…



     パンダはネタでも使っているのでまた新たな情報をゲットできるかも!!


     とワクワクします。




     30分ほどで到着しました。






     いやー、さすがゴールデンウィーク。


     すごい人です!!(*_*)





    許「入船さん、行きましょう。」




    遊「ええ。」




     許さんは門とは逆方向に。





    遊「え、どこ行くんですか??」





    許「すごい人です。もしかして、今度来ますか??」





     どうやら、私は旅のゴール、チベットラサから成都で乗り換えなのですが、その時に見れば??とすすめてくださっているようです。





     

    遊「入口前まで来て入らないんですか??」






    許「人が多いですから。」








     まあ、許さんに従います。


     残念。




     帰りは渋滞に巻き込まれまして、少し時間がかかりました。



     こんなことならもう1時間寝たかった……




    遊「この後はどういう予定になりますか??」





    許「今日は予定はないです。」






     じゃあ、パンダ見ようよ!(笑)








     朝ごはん。


     この後、胃が痛くなります。



     

    許「チベットの旅行社へ振り込むお金が必要です。お金をおろしましょう。こっちに銀行があります。500メートルほどです。」




     中国工商銀行を探します。


     


     500メートルほど歩いて、





    許「やっぱり駅の近くの銀行にしましょう。500メートルほどです。」



      


     来た道を戻ります。




     500メートル歩いて500メートル戻れば一番最初の場所です。



     白昼夢。






     11時50分の寝台列車に。




     駅前はすごい人です。



     彼女に振られたのか、なりふりかまわず泣いている男がいました。




    遊「面白い泣き顔でしたね。」






    許「連休ですから。別れが多いです。」







     これは麻雀のイカサマ用!








     寝台2段ベットの上から。



     正露丸と葛根湯の合わせ技でしばらく横になります。







    4.29

    0




































      4.27 雲南師範大学落語会

      0

        4.27 (夜行列車なので写真は後日…)

         

        落語会当日

         

         

         今日は先生が車で迎えに来てくださいました。 

         

         10時半出発。40分ほどで到着。 

         

         打ち合わせで、所作の解説をクイズ形式にしては?との提案を受けて、取り入れることに。

         

         

         慣れていませんから心配です。

         

         

         教員食堂へ。

         

         日本は教員だけ別というのはあまりないのではないでしょうか??

         

         

         

         

         ズラーっと並んでいる中から好きなものを選びます。

         

        IMG_20170427_121947.jpg

         

        IMG_20170427_121947_2.jpg

         

         これで2元!

         

         美味しい……

         

         

         普通の学食と比べてあまりに安いので生徒からクレームがあるそうです(笑)

         

         

         

         出口にはお土産?のヨーグルト付きです。

         

         こちらではスプーンは使いません。ストローで飲みます!!

         

         

         

         

         日本人の先生もいるんです。

         

         前はタイに赴任されていたそうです。

         

         この先生のお話がまた面白い!!

         

         

         

         タイでは徴兵されるかどうかのくじ引きを全国放送するんだそうです。

         

         

         それはきっとすごいドラマでしょう。

         

         またオカマさんの徴兵問題。

         

         まず、ついているのかいないのか、そしてその問題の解決の仕方。

         

         

         

         勉強になりました……

         

         

         そんな話を伺っているうちに時間です。

         

         

         

         まずは許さんの旅の紹介から。

         

        IMG_20170427_141225.jpg

         

         

         続きまして、着物の紹介。

         

         

         こんなことしていいんですかね??

         

         

         

         

         

         驚いたのは漫画アニメの昭和元禄落語心中、こちらでも人気なんだそうです。

         

         高いお金で権利を買って、ネットで放送しているそうです。

         

         

         

         

         

         

         

         落語家のみなさん、

         

         

         

         

         今がチャンスですよ!

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         紋の紹介なども。

         

         

         

         一旦私は下がって、その間に先生が初天神に出てくる言葉などを紹介してくださいます。

         

         

         

         再び出てきまして、所作クイズ。

         

         

         

         

         みなさん、興味津々です。

         

         

         座布団、上下のお話をして、小話から初天神。

         

         

         

         

         

         

         本編はどうかなと思いましたが、

         

         

         

         

         

         うーん、

         

         

         ついてきてくれてありがとう!!

         

         

         やっぱり落語はすごい!!!!!

         

         

         

         笑っている学生さん達も本当にすごいですよ!!

         

         

         

         

         そしてうらやましい……

         

         

         

         私もいつか、天津の相声の劇場で笑ってみたいです……

         

         

         

         

         

         

         後から伺いますと、近くの民族大学で日本語を学ばれている方もいらしてくれたそうです。

         

         

         さらに、日本語を勉強していない学生さん達も興味本位で来てくれたようで、蓋を開ければ150人ほどの大入りでした。

         

         

         「通訳なし」とポスターには書いてあったのにすごい勇気です。

         

         

         妙なバラつきの差も分かってスッキリ。

         

         

         

         

         いやあ、前の青島でも思ったのですが、外国の方に日本語で落語を聞いてもらえる喜びはすごいんです。

         

         

         

         

         異常な喜びなんです。

         

         

         

         

         

         感動が湧き上がってくるんです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         僕、気持ち悪いですか??

         

         

         

         

         

         日本でもどのお客さまでも同じですけど、普通に暮らしていれば絶対に私の落語を聞くはずのない人たち、その前に上がる喜びというのがあります。(T_T)

         

         

         

         

         しかし、この感動は毒です。

         

         日本に帰ればただの二ツ目です。

         

         

         

         さて、最後は質問コーナー!!

         

         

         

         

        ○どうして落語家になったんですか??

         

        ○落語の話をいくつ持っていますか??

         

        ○何年この仕事をやっていますか??

        (裏は考えずに受け取りました。)

         

        ○どのように入門しましたか??

         

        ○真打ちになるまであと何年くらいですか??

         

         

         ズバリお答えしました。

         

         記念撮影もしましたよ。

         

         

         

         

        IMG_20170427_161308.jpg

         

         担当の白先生。

         

         

         

         

         

         

         

         

         終わった後は職員室で少し休憩。

         

         

         

         日本人の先生のお話がやっぱり面白い。

         

         

        「実家が火薬屋なの。」

         

         

         時計屋だったのが番頭さんが持ち逃げして、商売替えしたとのこと。

         

         

         

         「番頭さんの持ち逃げ」って言葉たまんないですねー

         

         

         

         ダイナマイトにハッパをかけていたそうです。

        (使い方あっているでしょうか??)

         

         

         

         

         

         

         猟のお話からキジバトは食べたけど、ドバトは食べないと。

         

         

         ドバトはお堂なんかにいる鳩です。

         

         

         

         すると中国人の先生は、

         

         

         

        「普通のハト、こちらは食べますよ。」

         

         

         

         確かにハトやウサギなど、日本だとペットショップだよね、というお店はこの旅で何度かみました。

         

         

         

         「ハトは高級です。7羽のニワトリより、1羽のハトというくらいなんですよ。」

         

         

         

         

         

         

         浅草寺は宝の山やで。

         

         

         

         

         

         リクさん、チョウさんともここでお別れ。

         

         お手伝い助かりました!ありがとう!!

         

         

         

         先生方とお食事。

         

        IMG_20170427_174608.jpg

         

         

         なんと、大学内に五つ星ホテルがあるんです(*_*)

         

         そちらのレストランへ、

         

        IMG_20170427_182316.jpgIMG_20170427_180042.jpg

         

         これはニュウセンといいます。

         

         牛乳を熱してできる膜を干して畳んだもの。

         

         素揚げして砂糖をまぶしてあります。中は花のジャムかな??

         

         ちょっと酸味があって美味しいです。

         

         

         

         お医者さんから日本語に転身した先生も。

         

         

         お医者さんと患者さんの関係が日本よりも大変だそうです。

         

         

         診断を全然信じてくれないんだとか。

         

         書きづらい内容ですがこちらはキレると怖すぎる話題が多いです……

         

         

         

         

         富山と雲南省に交流があるそうで、医師として、富山に研修に行ってから日本に興味を持ったそうです。

         

         

         そして、30歳からの転身。

         

         

         

         

        許「波瀾万丈です!!」

         

         

         

         

         

         おしゃべりって、楽しいですね。

         

         

         

         外国人がくる集会は届け出などの問題が多い中、一生懸命準備していただきました。

         

         皆さま、誠にありがとうございました!!

         

         

         

         帰りも白先生に送って頂きます。

         

         

         先生は生徒に日本のアニメやドラマを見せるそうです。

         

         語学を学ぶ動機として。

         

         

         

         日本のアニメなどが好きなオタクパターンと、

         

         大学受験科目の英語がどうしても苦手で日本語を選ぶパターン、

         

         そして入学してからの振り分けで第三希望の日本語科にまさか入ってしまうとは…!パターン、

         

         

         など生徒さんにもいろいろあるそうです。

         

         

         

         

         先生自身もラルクのファンで、それが日本語を学ぶ、動機となったそうです。

         

         

         

        先生「私は一番好きなのはラルク。

         

           ラルクとかXJAPANが好きなの。

         

           

           親と交渉して、成績が良かったから、ラルクのチケットを買ってもらったの。」

         

         

         

        遊「日本のライブですか??」

         

         

         

        先生「ううん、上海のライブ。

         

         

           一番前だったの!!

         

          

           さらに隣の日本のファンに友達と並びたいから席を代わってくださいといわれて、もっといい席になったの!!」

         

         

         

         

        遊「えー!良かったですねぇ。」

         

         

         

         

         

         先生はどんどん声が大きくなってきます。

         

         

         

         

         

         

        先生「そしてアンコール!!」

         

         

         

         

        遊「アンコール。どうなりました??」

         

         

         

         

        先生「みんながワー!!ありがとう!!って言って。

         

           私も最前列から『また来てねぇ!!』

         

         

           と言ったの。

         

          

           そしたらhydeが………」

         

         

         

         

        遊「……hydeが??」

         

         

         

         

        先生「私に……『また来るよ!!』って。

         

         

           私に言ってくれて……

         

         

           キャー!!

         

         

         

         

         

           ですから遊京さんも。」

         

         

         

         

         

         

         いやいや、急に何をおっしゃる。

         

         油断していました。

         

         

         

         アニメのワンピースもすごい人気だそうです。

         

         

         ドラゴンボールは全巻持っていたそうです!!

         

         昔の方が著作権はしっかりしていたかもとのことでした。

         

         

         

         他に、北京オリンピックのボランティアで、言うことを聞かない中国人の観客に強く当たられ泣いてしまったところ、日本人夫婦が優しく慰めてくれた話も良かったなぁ。

         

         

         お見合いとか、子供にスマホをもたせるかどうかなど、いろいろと勉強になりました。

         

         最近、怒りっぽい人が増えているというのも興味深いです。

         

         

         

         

         今回は送ってくださる、白先生の働いた訪問団の団長が、青島でお世話になった王先生だったそうで、その御縁です。

         

         

         私の思想が危険じゃないだろうか等のもろもろの心配も王先生が相談にのってくれたとのことでした。

         

         

         

         

         ふと思うと落語自体は危険かもしれませんね。

         

         

         

         

         お送り頂いてありがとうございました。

         

         

         

         

         

         気分が良かったので今日はビールを2本買いました!!

         

         


        4.26 昆明 会場下見

        0

          IMG_20170426_091853.jpg

           

           朝は包子と大豆ジュースです。

           

           

           本日は雲南師範大学へ明日の落語会の下見に伺います。

           

           

           青島の海洋大学さんのご縁でこちらでも落語をさせていただくこととなりました。

           

           

           ありがたい!!

           

           

           

           そして、いろいろありまして、こちらで落語をさせていただけなければ後半50日の旅は実現できないのです。

           

           

           

           下調べ不足といってもいい計画が、よくもまあこう奇跡的に実現できているなと思います。

           

           正直、不思議で仕方がないんです。。。

           

           

           

           

           人と人とのつながり、そしてそれは落語のおかげです。

           

           

           ありがとうございます。

           

           

           

           

           ホテルの下まで日本語学科の学生さんが迎えに来てくれました。

           

           バスと地下鉄で大学へと向かいます。

           

           日本語スピーチコンテストで入賞もしたリクさんと、チョウさん。

           

           現在2年生です。

           

           

           

          学生さん「時間よろしければお昼ごはんを一緒に食べませんか??」

           

           

          遊「喜んで!!」

           

           

           

           バスに乗り地下鉄の駅まで。

           

           

           

          学生さん「この昆明の名物はカキョウ米粉(ビーフン)です。

           

             良かったら食べませんか??」

           

           

           

           

          遊「ありがとう。喜んで!!」

           

           

           

           

          許「入船さん、昨日、僕らは食べましたよ。」

           

           

           

           

           

           

           

           言わなくてOK!

           

           

           

           せっかくですからもちろん連れていってもらいます。

           

           

           

           

          学生さん「すみません、なくなってしまいました。もう一つのところへ行きましょう!」

           

           

           

           

           

           

          IMG_20170426_120111.jpg

           

           この店名だめでしょう。。。

           

           

           日本語だと「う○この香り」。。。

           

           

           

           これを言うと許さんも学生さんもバカ受け。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           へへへ、どんなもんだい!!

           

           

           プロの腕をみせつけてやりました!!

           

          IMG_20170426_120258.jpg

           

           

           

          IMG_20170426_120552.jpg

           

           牛肉のものを頼みました。おいしそう。

           

           

           

          許「昨日僕らが食べたのは上のグレードのものです。」

           

           

           

           言わなくてOK!

           

           

           

           昨日同様、煮立った鍋の中に具とお米の麺をいれていただきます。

           

           

           調味料がすごく辛い!!この辺りは辛めだそうです。

           

           確かに周りのテーブルには、真っ赤な麺をすする人々が。

           

           

           

           このビーフン、「カキョウベイフン」と言います。

           雲南が発祥の地なんだそうです。

           

           日本の字ですと「過橋米粉」。

           

           

           この言われを学生さんが教えてくれました。

           

           

          学生「昔、役人の試験を受ける人は橋を渡り街を少し離れ、静かなところで勉強しました。

           

             こういう人を『過橋(カキョウ)』と言います。

           

           

           

             とある過橋の妻はいつも彼に食事を届けに行っていました。橋を渡って。

           

             

             ある日、他の用事で時間がなく、奥さんは鳥のスープと生の食材だけ置いて慌てて出て行ってしまいました。

           

           

             残された男はお腹がすきました。

           

            

             待ちきれず、そのスープに、適当な具材を適当に入れて食べてみたところ、とてもおいしかった!

           

           

             これがカキョウベイフンの始まりとされています。」

           

           

           

           

           

          遊「へー、おもしろいね。その後、彼は試験に受かりましたか??」

           

           

           

           

          学生さん「いえ、落ちました。」

           

             

           

           

           

           

           美談じゃないんだ。。。

           

           

           

           

           店を出ます。携帯落下防止リングを購入。

           

           5元ですから100円しません。道端の用品は安いようです。

           

           

           

          学生さん「今の車の人、見ました??

            

               花の餡のおまんじゅうを食べていました。」

           

           

           

          許「この土地の人、花を食べます!!」

           

           

           

           地下鉄で1時間ほど。

           

           藤沢と昆明は交流があるんだそうです。

           

           彼らスピーチ入賞者は、副賞として7月に藤沢にいけるんだと嬉しそうに話してくれました。

           

           

           

           交流のきっかけは、中国の国歌をつくった方が、遊びに来ていた藤沢で海の事故でなくなってからなんだそうです。

           

           

           

           

           私が愛媛の出身だと話すと、

           

          学生さん「どこにありますか??」

           

           

          遊「西のほうですね。」

           

           

          学生さん「関西弁も好きですよ。」

           

           

          遊「関西弁とは違うんだけどね。関西弁は難しいでしょ??」

           

           

          学生さん「はい。でも、そのキャラクターが好きなんです。」

           

           

           

           よく聞いてみると、名探偵コナンの服部さんのことでした。

           

           

           

           

           

          IMG_20170426_133655_2.jpg

           

          学生さん「ここでバスを待ちます。」

           

           

          遊「へー、バス停とかないんですね。」

           

           

          学生さん「20メートルほど向こうにあります。」

           

           

          遊「え??どういうこと??」

           

           

          学生さん「少し遠いですから。

           

               バスに乗る人達が徐々にこちらへ移動してきて、今ではバスもここに停まるようになりました。」

           

           

           

           

           すごい。。。

           

           

           このバスは学校の中へ入っていきます。

           

           

           

           

           外語学院の日本語科のお部屋でまずは先生方とご挨拶。

           

           インスタントのプーアル茶をいただきました!!

           

           

           全然知らなかったのですが、「プーアル」って雲南省の街の名前なんです。 

           

           

           製薬会社がつくっているそうですがなかなかおいしかった!!

           

           

          IMG_20170426_133707_1.jpg

           

           会場の下見。許さんも、パワーポイントで旅の説明をしますよ。

           

           80名ほど来てくださるそうです。緊張緊張。

           

           

           

           帰りは先生が送ってくださいました。

           

          IMG_20170426_155937.jpg

           

           突然の土砂降り。向こうはビニールハウスが一面に。

           

           さすが花の街です。

           

          許「この街の花市場はアジア一、世界一のマーケットです!!

           

            この街の人、花を食べます!!」

           

           

           実際こちらではバラの花は10本でも10元くらいだそうです。

           

           

           こちらの女性を花で喜ばせるのは大変なんだとか。

           

           

           

           

           この雲南省の特徴もう一つ。 少数民族が大変多いんです。

           

           60ほどある中国の少数民族のうち、26はこの雲南省にしかいないそうです。

           

           

           人数も1000人以下だと、〜族でなく、〜人となるとのこと。

           

           

           先日の苗族の村のように政府が観光化をすすめて保護しています。

           

           

           補助金や観光収入で豊かになることと引き換えに、古い建築を維持するなどの契約を結ぶそうです。

           

           

           

           少数民族かどうかは戸籍に登録されます。

           

           

           少数民族だと受験で優遇されるので、選べるなら少数民族にする人が多いらしいという話も。

           

           

           

           

           

          IMG_20170426_164631_1.jpg

           

           送ってもらった後は市内のもう一つのキャンパスの見学へ。

           

           自分にだけ扇風機をあてる運転手さんのタクシーで。

           

          IMG_20170426_170041.jpg

           

           こちらはマンホールのふた。

           

           三つの三角は雲南師範大学のマークです。

           

           

           ここにも物語が。

           

           

           日本軍が侵攻したとき、北京大学、北京の精華大学、天津の西海大学は、こちらの地へ移動してきたそうです。

           

           そして、西南連合大学となりました。

           

           

           なんと学生さんは徒歩でこちらまで来たとのこと!!

           

           

           

           戦争も終わり元の場所に戻るときに、こちらの土地への感謝もこめて教育学部を残しました。

           

           これが今の雲南師範大学の前身なんだそうです。

           

           

           

           戦争の被害を受けたのですが、優秀な方同士が知り合う機会にもなり、大変によい学問の場であったようです。 

           

           

           

          IMG_20170426_171023.jpg

           

          IMG_20170426_171355.jpg

           

           許さんは感動しています。

           

           哲学界の巨人たちの名前がそろい踏みしているんだとか。

           

          IMG_20170426_173319.jpg

           

           当時の教室。

           

          IMG_20170426_174328.jpg

           

           これは戦争後の解放運動の中でなくなった学生と先生の碑。

           

          IMG_20170426_175601.jpg

           

           

          許「雲南大学へも行きます!」

           

           

           許さんは本当に大学とスイカが好きです。

           

           

           道を渡ってすぐです。

           

          IMG_20170426_180557.jpg

           

           

           水を買う途中に果物屋を発見。

           

           

          許「入船さん、パイナップル試しましょう。」

           

           

           

           私は、明日は大一番。お腹壊すといけないので遠慮しました。

           

          IMG_20170426_180924.jpg

           

          許「安いです。これ3元です。

            

            南京なら倍の値段です!!」

           

           

           

          IMG_20170426_181146.jpg

           

           

           うまそうだなおい!

           

          IMG_20170426_181606.jpg

           

           緑の多い素敵なキャンパスです。

           

          IMG_20170426_181615.jpg

           

           理学部。右下にはアインシュタイン。

           

           

          許「なかなか、いい雰囲気です!!」

           

           

           

           パインシュタインさんも大喜びです。

           

           

           私はしばし待機。許さんは理学部前をぐるっと一回りして合流。

           

          IMG_20170426_181615_2.jpg

           

          遊「パインもう食べ終わったの??速いですね!」

           

           

           

          許「僕、途中で落としました。。。

           

            

            でも、いいパインでした。。。

           

            

            普通のパイン、塩水につける必要があります。

           

            

            あのパイン、塩水が必要ありませんでした。。。

           

           

            いいパインでした。。。」

           

           

           

           

           

           

           

           できることなら時を戻してあげたいです。

           

           

          IMG_20170426_182526.jpg

           

          IMG_20170426_182647_2.jpg

           

          IMG_20170426_182744.jpg

           

           

           

           

          IMG_20170426_183309.jpg

           

           

          IMG_20170426_184722.jpg

           

           学生街。おしゃれなお店がたくさん。

           

          IMG_20170426_184848.jpg

           

           教えてもらったお店。

           

           10分ほど待つと、プリンをくれました。

           

           やったぁ!!

           

          IMG_20170426_185319.jpg

           

          IMG_20170426_190418.jpg

           

          IMG_20170426_190616.jpg

           

          IMG_20170426_194127.jpg

           

           ブロッコリーは少し咲いていました。

           

           さすが花の街。

           

           辛くてうまい!!

           

          IMG_20170426_193831.jpg

           

           辛いものを食べるときにいいそうです。

           涼茶!!

           

           

           

           ちょいと食べ過ぎました。


          4.25 石林 写真集 これは世界遺産!

          0

            IMG_20170425_104228.jpg

             

            IMG_20170425_104749.jpg

             

             さすが世界遺産。

             

             団体客も大勢。

             

             これは中国人ツアーのガイドさんが点呼をしているところ。

             

             

             番号で呼んでいます。1番は「1号(イーハオ)」

             

             

             

            ガイドさん「1号、2号、3号、4号、5号、」

             

             

             

            5号「はい!」

             

             

             

            ガイドさん「謝謝。 6号、7号、8号、9号、10号、11号、12号、13号、」

             

             

             

            13号「はい!」

             

             

             

            ガイドさん「謝謝。14号、15……」

             

             

             

             

             

             いや、謝謝言ってる場合じゃないって。

             

             

             いなくなりすぎでしょ。

             

             

             

             

             しかし中国のみなさんは皆さんは自由に行動するから大変でしょうね。

             

             

             

             

             展望台へ階段で登ります。

             

             

             

             

              

             

             

            IMG_20170425_105542.jpg

             

             す、すごい景色。。。

             

             

             い、石の林ぃいいい!!

             

            IMG_20170425_110358.jpg

             

             宙に浮いているよう。

             

            IMG_20170425_110435.jpg

             

            IMG_20170425_110611.jpg

             

             少し奥に入ると、急に人気がなくなりました。

             

             団体の声もせずに、ほぼ貸切状態です。

             

            IMG_20170425_115516.jpg

             

            IMG_20170425_110804.jpg

             

            IMG_20170425_111327.jpg

             

            IMG_20170425_110952.jpg

             

            mmexport1493226983257.jpg

             

             「じゃあ、また明日ね。」

             

             

             

            mmexport1493226983268.jpg

             

             今度出すCDのジャケット用の一枚。

             

             

             

             

             

            IMG_20170425_112457.jpg

             

             また高台に出ました。

             

            mmexport1493226983285.jpg

             

            IMG_20170425_113045.jpg

             

             亀のような石。

             

             

             

             

             

             

             

            IMG_20170425_111017.jpg

             

             冷静になると、山の中でこんな場所あっても絶対先に行きませんね。

             

             

             

             

            IMG_20170425_111718.jpg

             

             これは鳳凰が水を飲んでいるようにみえる岩です。

             

            IMG_20170425_111748.jpg

             

            IMG_20170425_115650.jpg

             

             これ、そのうち落ちますね。

             

            IMG_20170425_112104.jpg

             

             

             

             

            mmexport1493226983244.jpg

             

             わあぁ!! 

             

             

             

             

             うふふ。 びっくりしたぁ??

             

             

             

             

            IMG_20170425_113806.jpg

             

             なんか石の精みたいになっていますよ。

             

            IMG_20170425_113854.jpg

             

            IMG_20170425_115002.jpg

             

             

             

             全体をみるなら一日では回れないかもしれません。

             

             別に入場料がかかりますが、まわりにまだまだ景区はあるんです。

             

             

            IMG_20170425_120151.jpg

             

            mmexport1493226983294.jpg

             

             いちゃいちゃしやがって。

             

             

            IMG_20170425_194708.jpg

             

             「金馬」と大きく書いてあります!! 

             

            IMG_20170425_195000.jpg

             

            IMG_20170425_195749.jpg

             

             

             夜ご飯は土地の名産のビーフン。

             

             なんかビーフンよく食べている気がするなぁ。

             

             黄色いのは菊の花。

             

             昆明は花の町としても有名で世界一大きな花市場があるそうです。

             

             

             

             この陶器の鍋は熱々で。煮立ってやってきます。

             

             

            IMG_20170425_200138.jpg

             

             全部入れちゃいます。

             

             生肉とか大丈夫かなといつも思います。

             


             IMG_20170425_202239.jpg

             

             

             なんか目つきの悪い野郎がうろうろしていました。

             

             食べ終わって席を立つと、なんとその男、私たちの席に座り、残り物を食べ始めました。。。

             

             

             ビーフンの汁までかき混ぜて、かなり気持ちわるかったです。。。

             

             

             

             

            IMG_20170425_203752.jpg

             

             街の中心部で通りを散歩。

             

             なんかベニヤ板がたくさんあります。

             

             またごうとすると、

             

             

            許「入船さん、気をつけて、その下は穴が開いてますから。」

             

             

             

             街中にたくさんのトラップ。

             

             穴だけじゃありませんよ。

             

             

             イスに座った大量の白衣の人達。

             

             

            遊「お医者さんがたくさんいますね。」

             

             

             

            許「全部詐欺師です。

             

              ただで病気みます。

             

              そして、あなたは大変な病気だと言って、治療するには。。。と騙します。」

             

             

             

            遊「へー。偽者ですか。たしかに夜中の9時にこんなにいるの変ですよね。」

             

             

             

            許「ん??よく見るとマッサージしています。

             

              よく分かりません。」

             

             

             

             

             ニセモノってなんなんでしょう。。。

             

             

            IMG_20170425_204407_1.jpg

             New Nylenera

             

            IMG_20170425_204718.jpg

             New berlin

             

            IMG_20170425_205427.jpg

             New bunren

             

             

             

             

             

             New Balance は実家に帰ったのでしょうか??

             

             

             

             

            IMG_20170425_210502.jpg

             

             おしゃれストリート。カフェやバーがたくさん。

             

            IMG_20170425_210441.jpg

             

             お茶屋さん。ぷーある茶の取り扱いが多めだそうです。

             

            IMG_20170425_210354.jpg

             

            IMG_20170425_210502_2.jpg

             

             ちょっと高いコーヒーを飲みました。

             

             

             タブレットで説明してくれます。

             

             土のコーヒー、火のコーヒー、木のコーヒー、水のコーヒー、銀のコーヒー

             

             

             という変わったメニューでした。

             

             一番安い銀のコーヒーを注文。

             

             安いといっても、二人で68元。

             

             

             いつもケンタッキーで飲むのより3倍以上します。

             

             生のコーヒー豆を使います。フルーティーでおいしいです。

             

            IMG_20170425_210036.jpg

             

             服のお直しや、オーダーメイドのお店も何件かありました。

             

             

             

             

            IMG_20170425_221813.jpg

             

             路地裏の移動スイカやさん。

             

             

            許「一個、試しますか??」

             

             

             遠慮しました。

             

             夜中の10時半ってスイカ一玉を試す時間じゃないと思ったからです。

             


            4.25 石林→昆明 石の林

            0

               

               

               車窓の景色もずいぶんと変わって参りました。

               

              IMG_20170425_064408_1.jpg

               

              IMG_20170425_081405.jpg

               

              IMG_20170425_083537.jpg

               

               

               

               

               朝の9時半ごろに列車は到着。

               

               

               小さな駅です。

               

              IMG_20170425_091056.jpg

               

               まずはタクシーに乗ります。

               

               

              IMG_20170425_091421.jpg

               

               駅から目的の観光地までは近く、10分も走らずに停車。

               

               

               旅行会社に手荷物を預けて、隣の店で食事をします。

               

              IMG_20170425_092825.jpg

               

               ビーフン。目の前の人はお店の店長。

               

               なんか怒られているようです。。。

               

               

              IMG_20170425_094306.jpg

               

              許「まずはあそこ、登りましょう。」

               

               

               

               

              遊「はい。。。」

               

               

               

               

              許「入船さん、どうしてまたお腹悪いですか。」

               

               

               

               

              遊「分かりません。」

               

               

               

               

              許「多分昨日の鴨の足の鍋です。

               

                さあ、行きましょ。」

               

               

               

               

               

               

              IMG_20170425_094544.jpg

               

              IMG_20170425_094900.jpg

               

               とてもいい天気できれいな写真が撮れています。

               

              IMG_20170425_094937.jpg

               

              許「ここでしょんべんします。」

               

              IMG_20170425_095404.jpg

               

              IMG_20170425_095650.jpg

               

              IMG_20170425_095720.jpg

               

              IMG_20170425_095814.jpg

               

              IMG_20170425_095822.jpg

               

               これでもかなり満足なんですが、目的地の石林景区はまだまだこれからです。

               

              IMG_20170425_100213.jpg

               

              許「これは胡椒です。」

               

               

              遊「へー、これが。」

               

               

              許「間違いないです。葉を食べられます。」

               

               

              遊「へー、そうですか。」

               

               

               

               

               

              許「味はどうですか?」

               

               

               

               

               

               いや、食べるつもりないですよ、こういうことしてるから腹を壊すんですよ。

               

               

               

               

              遊「少しツンとしますね。香りが広がります。」

               

               

               

               

              許「良かった。

               

                僕は京都の料亭で胡椒の葉を初めて食べました。

               

                日本では高級食材です。」

               

               

               

               

               

               

               私は中国の道端で初めて食べました。。。

               

               

               

               

               

               

               エピソードが逆ですよね。

                

               

              IMG_20170425_101131.jpg

               

               チケット売り場。

               

               あれはガイドさんたち。

               

               雲南省は中国でも一番小数民族が多い地域なんだそうです。

               

               

               

               

               入場料は175元。

               

               

               ゲートからは入り口までバスに乗ります。バスは25元。

               

               

              許「前は入り口まで車が入れました。

               

                悪くなりました。」

               

               

               まあまあ、そう怒らないで。

               

               

               さあ、入ります。

               

               

              IMG_20170425_104009.jpg

               

              IMG_20170425_104038.jpg

               

              IMG_20170425_104208.jpg

               

              IMG_20170425_105355.jpg

               

              IMG_20170425_105035.jpg

               

               まさに石の林!!


              旅の日程〈目次〉

              0

                 

                 

                 入船亭遊京です。

                 

                 中国人の許飛さんと、中国すべての省を80日かけてまわっております。

                 

                 その記録です。

                 

                 一緒に旅気分を味わっていただければうれしいです。

                 

                 前半はつかまってから怖かったので日記をつけていません。おいおいアップします。

                 

                 日付をクリックしてくださいませ!

                 

                 ご支援のみなさま、おかげで毎日無事に過ごせております。心よりお礼申し上げます。

                 

                 

                 

                 

                2月12日 羽田 → 成都

                 

                2月13日 成都 → ウルムチ

                 

                2月14日 ウルムチ → アラシャンコウ(阿拉山口)

                 

                2月15日 アラシャンコウ → ウルムチ (烏魯木齊)

                 

                2月16日 ウルムチ

                 

                2月17日 ウルムチ → トルファン

                 

                2月18日 トルファン → 嘉峪関(かよくかん)

                 

                2月19日 嘉峪関 → 中衛

                 

                2月20日 中衛

                 

                2月21日 中衛 → 銀川 

                 

                2月22日 銀川 → フフホト(呼和浩特)

                 

                2月23日 フフホト → チチハル

                 

                2月24日 チチハル → 大慶

                 

                2月25日 大慶

                 

                2月26日 大慶 → ハルビン

                 

                2月27日 ハルビン

                 

                2月28日 長春 → 四平

                 

                3月1日 四平 → 瀋陽

                3月1日2

                 

                3月2日 瀋陽

                 

                3月3日 丹東

                3月3日2

                 

                3月4日 丹東 → 大連

                 

                3月5日 大連 (旅順)

                 

                3月6日 大連 → 青島(船)

                 

                3月7日 青島

                 

                3月8日 青島

                 

                3月9日 青島 → 曲阜

                 

                3月10日 曲阜 → 開封

                3月10日2

                 

                3月11日 開封 → 石家庄

                 

                3月12日 天津

                 

                3月13日 天津 → 北京

                 

                 

                 

                3月20日 成田 → 西安

                 

                3月21日 西安

                 

                3月22日 西安 → 合肥

                 

                3月23日 合肥 → 南京

                 

                3月24日 南京

                 

                3月25日 南京

                 

                3月26日 南京 → 蘇州

                 

                3月27日 蘇州 → 上海

                3月27日2

                 

                3月28日 上海 → 杭州

                3月28日2

                 

                3月29日

                3月29日2

                 

                3月30日 杭州 → 黄山

                 

                3月31日 黄山

                3月31日2

                3月31日3

                 

                4月1日 黄山 → 祁門(きーむん)

                 

                4月2日 景徳鎮

                4月2日2

                 

                4月3日 景徳鎮 → 福州

                 

                4月4日 福州

                 

                4月5日 福州 → 泉州

                4月5日2

                 

                4月6日 泉州 → アモイ

                4月6日2

                 

                4月7日 アモイ

                 

                4月8日 東莞

                 

                4月9日 東莞 → 南昌 

                4月9日2

                 

                4月10日 南昌 → 武漢

                 

                4月11日 武漢 → 長砂

                4月11日2

                 

                4月12 長沙

                4月12日2

                 

                4月13日 長沙 → 宜昌

                 

                4月14日 宜昌

                 

                4月15日 宜昌 → 重慶

                4月15日2

                 

                4月16日1 重慶

                4月16日2

                 

                4月17日 貴陽

                 

                4月18日 人人江(cong jiang) → 桂林

                4月18日2

                 

                4月19日 桂林

                4月19日2

                 

                4月20日 桂林

                4月20日2

                 

                4月21日   広州

                4月21日2

                 

                4月22日 広州

                4月22日2

                 

                4月23日 広州

                 

                4月24日 広州→南寧

                4月24日2

                 

                4月25日 石林→昆明

                 


                4.24 南寧 不気味な彫刻

                0

                   

                   

                  IMG_20170424_145120.jpg

                   

                   うわぁぁぁぁああ!!

                   

                   

                  IMG_20170424_145333.jpg

                   

                   

                   いったい誰がこんなむごいことを。。。

                   

                   

                  IMG_20170424_145413.jpg

                   

                  IMG_20170424_145348.jpg

                   

                   

                   

                  IMG_20170424_151011.jpg

                   

                   

                   

                   この後、世にも恐ろしい子供たちの綱引きを見つけてしまいました。。。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  IMG_20170424_150834.jpg

                   

                   

                  「よく来たな。」

                   

                   

                   

                  IMG_20170424_150849.jpg

                   

                   

                   

                   全員悪役の面構え。

                   

                   

                   

                   

                  IMG_20170424_150854.jpg

                   

                   

                   この審判、信用できますか??

                   

                   

                  IMG_20170424_150917.jpg

                   

                   

                   この子はいったい何をたくらんでいるの??

                   

                   

                   綱引きで何をたくらめるのでしょうか。

                   

                   

                   

                  IMG_20170424_151106.jpg

                   

                   

                   いっちゃっています。

                   

                   

                  IMG_20170424_151121.jpg

                   

                   こちらは良く見ると、「大きなカブ」でした。

                   

                   

                  IMG_20170424_151336.jpg

                   

                   

                   ここからは中国の故事。

                   

                   

                  遊「なんですか?これは。」

                   

                   

                   

                   

                  許「泥棒は鈴が欲しかったです。

                   

                    でも音がすると家の人に気づかれてしまいます。

                   

                    かれらは自分の耳をふさいで、音を消せたと思い込みました。」

                   

                   

                   

                  IMG_20170424_151559.jpg

                   

                   

                   そう言われれば、中々の間抜け面です。

                   

                   

                   

                   

                  IMG_20170424_151753.jpg

                   

                   

                  遊「これは??」

                   

                   

                   

                   

                  許「兄弟の美談です。

                   

                   

                    孔子の子孫の孔融が4才のときです。

                   

                   

                    彼は二つの梨を持っていました。

                   

                   

                    そして大きな方を年長者の兄を尊敬して、兄に渡しました。

                   

                   

                    すると、兄のほうでも、大きいほうを自分より年下の弟に渡したのです。

                   

                   

                    美しい兄弟の物語です。」

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  遊「なるほど。

                   

                   

                    そして、最後はどうなったのですか??」

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  許「知らない。」

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  IMG_20170424_151746.jpg

                   

                   

                   

                   でも、この像だとどちらも同じ大きさにみえますね。

                   

                   

                   

                   

                  IMG_20170424_151941.jpg

                   

                  IMG_20170424_152414.jpg

                   

                  IMG_20170424_154434.jpg

                   

                  IMG_20170424_154541.jpg

                   

                  IMG_20170424_155300.jpg

                  IMG_20170424_155350.jpg

                   

                  IMG_20170424_174004.jpg

                   

                   駅の近くで晩御飯。

                   

                   

                  許「僕、左のビーフン食べます。

                   

                    入船さん、右半分食べてください。」

                   

                   

                   

                  遊「ん??右半分??餃子とワンタン??」

                   

                   

                   

                  許「はい。ひょっとして足りないですか??」

                   

                   

                   

                   

                   多いんです。

                   

                   

                   

                   量だけじゃなく種類とか配分おかしいでしょ。

                   

                   

                    

                   真ん中の鍋はタニシと、かもの足先のお鍋です。

                   

                   なかなかグロテスクでした。

                   

                    

                   

                   

                  IMG_20170424_185958.jpg

                   

                   チベットへ入るためにいろいろと。

                   

                   入境できるのかな??

                   

                   

                   

                   

                  遊「僕と許さん、チベットでは別行動ですよね。

                   

                    僕の外国人ツアーは、何人組みですか??」

                   

                   

                   

                  許「入船さん一人です。」

                   

                   

                   

                  遊「え??あ??一人??」

                   

                   

                   

                  許「そして僕も同行します。」

                   

                   

                   

                  遊「どういうこと??まず外国人と中国人はわけられるんでしょ??」

                   

                   

                   

                  許「僕は通訳として同行します。」

                   

                   

                   

                  遊「それはいいんだ。。。

                   

                    で、チベットには7日まで、二日間いるんですよね??」

                   

                   

                   

                  許「はい。入船さん、帰り7日成都でよいですか??」

                   

                   

                   

                  遊「はい。なんでもいいです。許さんは7日にどうやって帰りますか??」

                   

                   

                   

                  許「僕は7日に帰りません。

                   

                   

                    もう二日間、9日までチベットにいます。

                   

                   

                    入船さん、先に帰ります。」

                   

                   

                   

                   

                   もう、よく分かりません。

                   

                   

                   

                   

                  許「チベットから南京までのチケットもう買いました!!

                   

                    50時間の乗車時間です!!」

                   

                   

                   

                   楽しそうだな。。。

                   

                   

                   

                  遊「でも、そんなに乗ったら疲れるでしょう。」

                   

                   

                   

                  許「はい、そんな時間乗ったら身も心もボロボロになります!!

                   

                    

                     ハハハハハハ!!」

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    破滅願望??

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    もう、よく分かりません。。。

                   

                   

                   

                  IMG_20170424_192611.jpg

                   

                   

                   

                  IMG_20170424_211000.jpg

                   

                   さあ!夜行列車!!お腹やばいぞ!!


                  4.24 広州→南寧 青秀山公園

                  0

                     

                     

                     広州の夜は楽しかったなぁ。。。

                     眠りについてすぐ。

                     

                     

                     

                     トントン

                     

                     

                     

                     ドアがノックされます。

                     

                     

                     いけない、今日は6時出発です。

                     

                     

                     許さんは落語公演の翌日はなぜか必ずハードスケジュールをぶつけてきます。

                     

                     

                     11時集合とかだったのがいきなり6時集合になり、しかも夜は夜行列車です。

                     

                     

                     前の青島も6時出発でした。 眠たい。。。

                     

                     

                     

                     5時間ぐらい寝たでしょうか?慌てて干した着物をたたみます。

                     うわぁ、肌襦袢はまだ湿ってる。。。

                     

                     

                     

                    遊「お待たせしてすみません。」

                     

                     

                     

                    許「早くてすみません。列車の中で寝ましょう。」

                     

                    IMG_20170424_072616.jpg

                     

                     広州南駅。

                     

                    IMG_20170424_073238_2.jpg

                     

                     

                     ここから列車で3時間半くらい。

                     

                     南寧というところへ行きます。

                     

                     ファミリーマートのサンドウィッチを食べましたが変なにおいでした。

                     

                    IMG_20170424_103136_1.jpg

                     

                    IMG_20170424_103516.jpg

                     

                     どこかでみた景色。。。

                     

                     途中桂林を通過したようです。

                     

                    IMG_20170424_113216.jpg

                     

                     到着。

                     

                    許「タクシーに乗ります。お昼ごはんを食べましょう。」

                     

                     

                     20分ほど走って下車。

                     

                     許さんのお目当てのお店があるそうです。

                     

                     

                     

                     

                     が、見つかりません。

                     

                     

                    許「おかしいです。」

                     


                    IMG_20170424_120330.jpg

                     

                    IMG_20170424_120319.jpg

                     

                     

                    許「看板がありました。」

                     

                     

                     ぐるっとまわりました。

                     

                     1階はテナントが入っているのですが、お店はありません。。。

                     

                     

                     

                    許「きっと建物の中です。」

                     

                     

                     2周目。

                     

                     

                     建物の入り口みたいなものもみつかりません。

                     

                     

                    IMG_20170424_115556_2.jpg

                     

                     

                     出てきた女の人に聞いてみます。

                     

                     

                     

                     

                     

                    許「お店は倒産しました。」

                     

                     

                     

                     

                     仕方ないので近所のビーフン屋へ。

                     

                     ランチタイムはほぼ満席若い人が多かったです!

                     

                     

                     ジュースは王老古。

                     

                     前にやけどをしたとき許さんがくれた甘い漢方茶です。

                     

                    IMG_20170424_121228.jpg

                     

                    IMG_20170424_121624.jpg

                     

                     こちらは許さんの。

                     

                     

                    許「この白い茎。土地の名物です。試しますか??」

                     

                     

                     

                     一本もらいました。

                     

                     

                    許「癖がありますから。」

                     

                     

                     

                     確かに噛んだ瞬間に汁が出て、生臭い匂いが口の中へ広がります。

                     

                     

                     

                    許「癖があるでしょう。でも栄養があります。」

                     

                     

                     

                     許さんも食べます。

                     

                     

                     

                    許「うわぁぁぁっぁああ!!僕無理です。」

                     

                     

                     

                     

                    IMG_20170424_123906.jpg

                     

                     近くの広場。

                     

                    許「見るところがない。公演へ行きましょう。」

                     

                     

                     西口までタクシーで。

                     

                     

                     

                    IMG_20170424_125600.jpg

                     

                     この掲示は、お墓を移動させろという命令です。

                     

                     

                     

                    許「まずはチケット売り場に荷物を預けます。」

                     

                     

                     そうしましょう。

                     

                     私の荷物はなんだかんだで16キロあります。

                     

                     どうか預けてほしいです。

                     

                     

                     

                     

                     ところが、許さんが受付の方と押し問答。

                     

                     

                     

                     

                    許「この入り口は荷物を預からないそうです。

                     

                      15分ほど登ってバスに乗り別の入り口にいきましょう。」

                      

                     

                     

                     

                    IMG_20170424_130846.jpg

                     

                     二日酔いにはきついです。。。

                     

                     

                     

                    許「ここは辺鄙なところですから。

                      

                      普通はあれくらいの門なら預かるでしょう。」

                     

                    IMG_20170424_130918.jpg

                     

                     

                     雨も降ってきました。

                     

                     なんとか正門まで行き、荷物をあずけることに成功!

                     

                     

                    IMG_20170424_133708.jpg

                     

                    IMG_20170424_134716.jpg

                     

                    IMG_20170424_134843.jpg

                     

                     この長い廊下はぬれずに進めます。

                     

                     ASEAN加盟国の紹介が。

                     

                    IMG_20170424_134924.jpg

                     

                    IMG_20170424_135343.jpg

                     

                    IMG_20170424_135718.jpg

                     

                    IMG_20170424_135752.jpg

                     

                    IMG_20170424_135813.jpg

                     

                    IMG_20170424_135919.jpg

                     

                    IMG_20170424_135932.jpg

                     

                    IMG_20170424_140435.jpg

                     

                    IMG_20170424_140653.jpg

                     

                     

                    IMG_20170424_141443.jpg

                     

                    IMG_20170424_141447.jpg

                     

                    IMG_20170424_141532.jpg

                     

                    IMG_20170424_141803.jpg

                     

                    IMG_20170424_142205.jpg

                     

                     これはベトナムの。

                     

                    IMG_20170424_142358.jpg

                     

                    IMG_20170424_142511.jpg

                     

                     

                     

                    IMG_20170424_142610.jpg

                     

                    IMG_20170424_142651.jpg

                     

                     ASEANのキャラクター。

                     

                    IMG_20170424_143030.jpg

                     

                     雨の中楽しそうな豚さん。

                     

                     干支の動物たちの彫刻広場。猪のコーナーなんです。

                     

                     日本だと猪は、あの山にいる牙を生やした猪ですが、こちらは完全に豚ですね。

                     

                     実際、飲食店ですと豚肉を「猪」と書きますので伝わってから変化したんでしょう。

                     

                    IMG_20170424_143341.jpg

                     

                     

                     

                    IMG_20170424_143638.jpg

                     

                     私は辰年なんです。

                     

                     

                    IMG_20170424_143707.jpg

                     

                     全体はこんな感じ。

                     

                     

                    IMG_20170424_144049.jpg

                     

                     西遊記。

                     

                    IMG_20170424_144107.jpg

                     

                     強そうなさごじょー。

                     

                    IMG_20170424_144913.jpg

                     

                    許「入船さん、ここで僕、一枚の写真、とってください。」

                     

                     

                     

                    遊「いいですよ。」

                     

                     

                     

                    許「最近、テレビの西遊記の監督、なくなりました。」

                     

                     

                     

                     

                     中国のテレビ版西遊記があるんです。

                     

                     

                     

                     

                    遊「再放送、ホテルのテレビでみました。

                     

                      CGが、今見ると古すぎて不思議な面白さがありました。

                     

                      相当前の番組でしょ??」

                     

                     

                     

                     

                    許「はい、1983年くらいです。

                     

                      中国の人みんな好きです。今でも結構人気です!

                     

                      さあ、写真、お願いします。

                     

                     

                      この写真を、監督にささげます。」

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      テレビ版の監督だからなぁ。。。

                     

                     

                     

                     

                     

                      この像の写真ささげられても困るんじゃないかなぁ。。。

                      

                     

                      

                     

                     

                    IMG_20170424_144239.jpg

                     

                    IMG_20170424_144330.jpg

                     

                     

                    IMG_20170424_144358.jpg

                     

                    IMG_20170424_145611.jpg

                     

                     がくみたいなのがたくさん落ちてくる木が。

                     

                    IMG_20170424_145736.jpg

                     

                     

                    許「入船さん、その花、食べられます。酸味があって甘いです。」

                     

                     

                     

                     

                    遊「へー。許さん、食べますか??」

                     

                     

                     

                     

                    許「地面のものは食べない。」

                     

                     

                     

                     

                    遊「あ、じゃあ、この葉に乗っているのはどう??汚れてないでしょう。」

                     

                     

                     

                     

                    許「そうです。食べてください。」

                     

                     

                     

                     

                     ほんのり甘かったです。

                     

                    IMG_20170424_150417.jpg

                     

                    IMG_20170424_150614.jpg

                     

                     

                     ヨウジュが暖簾みたいになっています。


                    4.23 広州 久々の落語

                    0

                       

                       

                       広州日本人会さんにお世話になりました。

                       

                       

                       前の高座からは一ヵ月以上あいています。

                       

                       

                       これだけあくと、やっぱり怖いです。

                       

                       緊張とかでなく、怖かったです。

                       

                       

                       

                       

                       伸びていた髭もきれいにします。

                       

                       本当は床屋で剃ってもらおうかと思っていたんです。

                       

                       

                       ですが、こちらは髭の薄い人ばかりなことに一抹の不安を感じ、自分で剃ることにしました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       スッキリ!!

                       

                       

                       

                       

                       

                       11時に許さんと合流。

                       

                       会場入りは15時。

                       

                       

                       

                       朝はラーメンでした。出汁がうまかったです。

                       

                       

                       そして、髪を切りに。

                       

                       

                       美容師のレベルごとに、値段が20元ずつあがるシステムでした。

                       

                       

                       頭を鷲掴みにしておでこマッサージをするシャンプーが気持ちよかったです。

                       

                       

                       

                       

                      許「時間があります。近くのケンタッキーなどにいましょう。」

                       

                       

                       

                       会場入りまで2時間半。

                       

                       

                       時間があります。

                       

                       

                       

                       

                       座布団、毛氈、着物を持って会場近くのKFCへ。

                       

                       

                       

                       会場は街の食堂です。

                       

                       

                       きれいで広いお店、円卓が8つほどあるのを外に出して、椅子を並べてくださっていました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       入ってすぐ奥なので、高座の位置としてかなりいいんです。

                       

                       

                       高さもバッチリ!!

                       

                       

                       

                       しかし、お会計周りのゴチャゴチャが気になるといえば気になります。

                       

                       

                       

                       毛氈で隠してみますか。

                       

                       

                       

                       

                       驚いたのは女性の店員さん(もちろん中国人)が考える間もなく、サッと動いて釣り始めてくださったこと。

                       

                       

                       

                       

                       梯子を出してきて、ビニールテープで止めてみます。

                       

                       

                       

                       

                       右端は天井からテープで。

                       

                       あとはすでに下がっている照明にこていします。

                       

                       

                       

                       やってる途中で落ちてきそう。(笑)

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       完成!!

                       

                       

                       なかなか良いのではないでしょうか!!

                       

                       

                       

                       照明も点けてくださいました。

                       

                       

                       

                       怪しい色です……

                       

                       

                       

                       幕の裏で着替えることもでき、楽屋問題も解決です!!

                       

                       

                       

                       

                       

                       楽屋では、男の子がパソコンでゲームをしています。

                       

                       

                       

                       開演間際に、お母さんに連れていかれました。

                       

                       

                       

                       ……ごめんね。

                       

                       

                       

                       

                       

                       どんどんご来場頂きまして、いよいよ開演です!!

                       

                       許さんが写真を撮ってくださいました。

                       

                       

                       

                       なんと、80人の大入り!!

                       

                       

                       皆さま、お足元の悪い中をご来場ありがとうございました!!m(__)m

                       

                       

                       

                       

                       旅の出来事も挟みながら、

                       

                       子ほめ、まんじゅう怖い、尼狐、

                       

                       三席申し上げました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       扇風機と冷蔵庫が良い感じです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       1時間たっぷり。

                       無事終わって良かった……

                       

                       やっぱり足が痺れました。

                       

                       降りる途中バランスを崩して幕をひっぱってしまいました。

                       

                       危ない……

                       

                       

                       

                       外からはこんな感じです。

                       

                       やっている途中、通る人が覗き込んでいましたね(笑)

                       

                       

                       

                       

                       

                       後ろの幕も作ってくださったんですよ。

                       

                       「入船亭遊京先生 広州大落語会」

                       

                       

                       

                       ひぇぇ……恐れおおいです……

                       

                       

                       

                       

                       懇親会も開いて頂きました。

                       

                       私にとっては久々の宴会!!

                       

                       食べる前にお茶で器を洗う広州ルールも教えてもらいました。 

                       

                       食器の使い方も場所によってルールが違うんです。

                       

                       

                       

                       飲んで食べておしゃべりできて、大変楽しい夜となりました!!

                       

                       広州日本人会のみなさんの雰囲気がまた良いんです!!

                       

                       

                       学生さんや、中国人の方もいらっしゃいました。

                       

                       

                       

                       落語をやってないと落語家じゃないですから、この日の高座がどれだけありがたかったか……

                       

                       

                       

                       旅の思い出がまた一つ増えました!!

                       

                       


                      | 1/13PAGES | >>