categories

         

トキワ荘

0


     国立演芸場、結構来ていただいてますね!!客席にチラホラと知った顔が……


     ありがとうございます!!



     夜は不動前の安養院へ!!

     もうすぐ安藤忠雄さんの建築もオープンです!!


     いつもの花いち兄さんと志ん松兄さんとご一緒させていただきました。


     洒落番頭   志ん松

     宿へゴースト 花いち

     替り目    遊京


     でした!



    スタッフの方

    「そろそろ誰かラジオ持ってよ!!明日生放送なんですよ〜とか聞きたい!!」



    三人

    「いやいや。」



    遊京

    「花いち兄さんどうですか?ラジオ?」



    花いち兄

    「僕は駄目だよ。滑舌悪いもん。聞いてる人が、『あれっ?今電波悪いのかな?』ってなっちゃう。」



    志ん松兄

    「放送事故ですね。」



    スタッフの方

    「この中だと志ん松君とか、向いてそうだよね!」



    遊京

    「あー、確かに。低音の癒やされる声ですよね。」



    スタッフの方

    「あ、そういうことじゃなくて聞き上手なところが。自分の話聞いてください!って感じじゃないところが向いてそう!」 



    花いち兄

    「へー。志ん松君の声って向いてるんだ。いい声なんだ!」



    志ん松兄

    「いや、私、ラジオ全然聞かないんで分からないんですよね。」



    遊京

    「音楽詳しいし、確かにいいかも!!」



    花いち兄

    「志ん松君の声ってラジオに向いてるんだ。」



    志ん松兄

    「本当にラジオ聞かないんですよ。AMとFMの違いも分からないもん。AMとFMってどう違うの??」



    花いち兄

    「ほんとだ!いい声だ!よく聴こえる!!」





     会話の中身が全然よく聴こえていません……




     差し入れもありがとうございました!!

     オラウータンの赤ちゃんに餌付けさせていただきました!



     次回は1月19日!!

     私はお休みで緑君兄さんが来てくださいます!!


    はっ!

    0




       10月からの連続更新記録が途絶えてしまいました……



       本日は福袋演芸場会議!!


       新しい企画がたくさん出ましたよ〜


       女流の会がなくなったのに時代を感じました!


       遊京サスペンスは今年が最終回です。

       お待ちしております!!



       夜は師匠のお供で歌舞伎座ギャラリーの会へ。


       本来前座さんのところを使っていただき、ありがとうございます……(T_T)



       師匠の文七もそでで聴けて嬉しかったです……



       あと、ギャラリーの太鼓、普段見学の人は叩けるみたいですね。今度見習いの扇ぱい連れて行こうかな…



       新宿末広亭にある、雲助師匠の出囃子出だけ使う、小さい鐘が連なったやつがありまして、それの正式名称もあったのですが、呑んで思い出せません…



       明日は


       師匠の芝居の国立!

      (国立トリは超レアですのでぜひ!!)

       から


       安養院で、落語トキワ荘の兄さんたちと忘年会ですね。



       明後日は那珂湊せんべえ寄席です!


       熊野寮の先輩が来てくれるみたいで嬉しいです!!


       「せんべい寄席」で探しても出てこないようでして、「せんべ『え』寄席ですのですみません……



       久しぶりに会えるの楽しみですねぇ!😄



       茨城の皆様!ぜひ!!


      幸せな日々

      0



         幸せであることへの恐怖ってありませんか…、


        幸せ

         昨日は連雀亭も十人十色でご一緒させていただいてるA太郎兄、らく人さん、久々にあう兼太郎さん、と楽屋も楽しゅうございました!!



         そこから時間もあるので歩いて人形町へ。


        幸せ

         三越前から少し降りた鰹節問屋の立ち食い蕎麦(正確にいうと座り)やはり美味しかった!!蕎麦は太りませんよね!


          次は勇気出してけんちん蕎麦食う!



        幸せ

         研精会、昨日はまた研精会らしい雰囲気!


         お寒い中をご来場ありがとうございました!!


         私はトップバッターで本当はワーッでやるところなんですが、暮れなので加賀の千代をやらせていただきました。



         師走のネタを師走にできるのは幸せ以外の何ものでもありません。(T_T)


          時間おしてたので写真にはいませんが、終わってから市楽兄にごちそうになりました!!😄😄😄


         小もんさんと、私とアニさんで、ザ·柳家という話題でめちゃ楽しかったですね!!



         これは幸せ



         また兄さんと、十人十色でお互いのタイプは似てるってのが一致したのはなるほどでした。


         私もA太郎兄も市楽兄も、わりと 人の出方を気にするタイプでして、そこに不動の駒治師匠がいてきれいにおさまってたんですよね。


         次のあのスリルのある十人十色が楽しみです!! 




         あと、1月10日に研精会の年に一度のトリをとらせていただきます。

          

         本気を出しますのでぜひお誘い合わせの上、ご来場くださいませ!!




         

         そして、こちら!!


         連雀亭はいざこざで上の兄さん方がぬけて、暗黒時代があったんですよね。


         そこをなんとかしようと、天歌兄を中心に連雀亭を楽しくする会というのができたんです!! 


         私も初めて伺います!!


         また番頭の寸志さんが本当に宣伝上手!!

         

         ツイッターより↓



         めちゃ楽しみです。幸せ


         ついでに連雀亭を愛するマジキチブログあげときますね。


        「三遊亭天歌の奇妙な冒険」

        https://ameblo.jp/yusaku3dayo/

         この兄さんはいい意味でも悪い意味でも本当に頭がおかしいです。




        「ふう丈のむぞらしか日記

         (旧 風情のある日常)」

        https://ameblo.jp/shinsakurakugo-fj/

         連雀亭愛がどの記事かは忘れましたが立ち上げ当初の狂いっぷりは私のブログなんて足元にも及ばないおもしろさです。





          また今日は一門の扇治師匠と先代扇橋のお墓参りへ伺いました。



         「〇〇や根岸の里の詫び住まい」


         を発明された師匠です。



         帰りにごちそうになって、大師匠の話や、甚五郎の話も教えていただきましたので(幸せΑ砲修鵑箆辰睿⊃亭でできたらいいですね。




         こんな幸せだと、しっぺ返しが、怖いです……


        朝練

        0


           国立演芸場に、福袋演芸場のチラシも置いていただいています。


           昨日お預けしました。



          演芸場の方

          「あ、遊京サスペンスのチラシね!」



           おー、意外と知られているんですね!

           嬉しくなりました。



          演芸場の方

          「あれってどういうことなの??」



           確かに!(^_^)



           

           このチラシは、内容のことは全く分からないんですよね。



           それもそのはず、チラシができたあとに、中身ができたんです。


           簡潔に言うと、


           まず、前半は落語会です!

           暮れの話もありますし、なかなかバラエティーにとんだネタ並びなのでこれだけでも千円の価値ありです!(これ言うの恥ずかしいですが…いいます!来てほしいから!)

           


           そして、「三枚チラシ」とは、コントです。落語で「三枚起請」があるのですが、そのパロディーのような。もちろん、三枚起請をご存知なくても楽しめます。


           まあ、誰か前半で「三枚起請」やって!とは思いますが笑



           池袋演芸場の高座をそのまま舞台装置として使わせていただく内容です。


           だいたい15分くらい。


           このコント、最初の落語から見ていただいた方がより楽しめると思います。



           お客様来るんでしょうか…


           めっちゃ心配です。



           来てください〜〜(^o^;


           今日は朝からその福袋演芸場の稽古!


           三人だけど頑張りましたよ!


           セリフがだんだん入って来ました。


           それと同時にこれは大丈夫なのだろうか…という不安が押し寄せてきます。


           私は大丈夫だと思うんですが、どうでしょう??



           私今、ビリーミリガンみたいになっちゃってますね。



           



           福袋演芸場、来年は一回少ないので来年はできないだろうな…



           最後の作品になりそうです。



           連雀亭もありがとうございました!

           

           二十四孝勉強させていただきました。

            

           深く反省しております。

           


           夜席一門会みたいになってる…


          12月中席突入!

          0


             昨日はまた千葉の小学校へ!


             研精会でもお世話になっております正太郎兄さんと伺いました!



             ヘルシーな給食!


             きなこトーストなんてオシャレですねぇ!



             明日は昼間連雀亭から夜は研精会、トリは市楽兄さんです!私は早い時間に出ます。


            ○12月12日(水)夜 18時45分開演

             第450回 日本演芸若手研精会 (トリ 市楽兄さん)

             当日1500円 ご予約1000円
              場所 日本橋社会教育会館

             https://www.mixyose.jp/wakate/


             ちなみに来年1月10日の研精

             

             ちなみに来年1月10日の研精会は私がトリです!年に一度のトリ!よろしくお願いいたします!!



             中席は国立演芸場で師匠扇遊がトリをとります!


             私の出番は11,13,15,20の13時上がりです。


             実は国立演芸場はチケットが大変お得です。各種割引もありますので皆様ぜひ!!


            合コン

            0



               

               はい!お皿ルーレット!!


               お皿回して〜


               


               ちょっとちょっと!



               自分がくるくる回ってどうすんの!

               次の人に回すの!


               

               はい!お皿ルーレット!!


               お皿回して〜



               ちょっとちょっと!



               傘の上でまわすんじゃないよ!

               次の人に回すの!




               

               はい!お皿ルーレット!!


               お皿回して〜


               


               ストップ!!



               今お皿持ってるの誰〜??




               仙成!


               

               

               

               イエーイ!!

               


               


               じゃあ、ライン交換しよっか!



               



              客席に一人の際の楽しみ方

              0


                 しかし連雀亭で客席に一人っていうのはありえるんですよね。


                 一人の場合の楽しみ方を四点、提案させていただきます。


                 嵋睨〇箸い大尽」

                ◆岾こ偉更圓僕茲燭大尽」

                「マナー無法地帯」

                ぁ岾很拭




                 私も映画にしろなんにしろ、一人で見に行く派なのですが、知らない大勢の方と一緒に楽しむのがなんだかいいんですよね。


                 一緒に笑うけど、一人。みたいなのが落ち着きます。





                 もし連雀亭の客席で一人だった場合、この感じは味わえませんね。



                 

                 それにまず、自分を認識されていると思うと緊張して笑えませんよね。



                 実際、お客様の密集度と笑いのハードルはかなり関係があります。やっぱりスカスカよりも詰まっている時の方が笑うお客様の割合は高くなります。


                 ですので、会場作りの際、なるべくイスを密集させて並べる芸人がほとんどじゃないでしょうか。



                 

                 

                 また、「悪天候の日のお客様は盛り上がる」という理論もあります。厳しい中を集まった時点でテンションも上がっていますし、最初から運命共同体として一体感があるため盛り上がるんだそうです。



                 一度、東京メトロの丸ノ内線以外が全滅した大雪の日に連雀亭ワンコイン寄席に出演したことがあります。



                 大雪をかき分けて来たお客様が五名。これは悪天候理論の日だ!最高のお客様だ!とテンション高めで望みました。



                 「大雪の中をお互いよくここへ辿り着きましたね、運命共同体の皆様!さあ!パーティーの始まりです。みんなで盛り上がりましょう!!」



                 こんな気持ちで一人一人の目を見つめながら喋りました。




                 ところが、目を見つめる瞬間に、お客様は目をそらします。




                 結果、交通機関同様、演者も全滅しました。




                 これも自分を認識されたことによるお客様の緊張が原因だったのではないかと思います。




                 私達は悪くない。





                 さて、本題です。客席で一人だった場合、お客様はどう楽しめばよいか??



                 答えは、



                 「楽しまない。」



                 ことです。


                 楽しまないというと語弊がありますが、まずは、思い描いていた想定していた「演芸を楽しむんだ」という楽しみこれを捨てることです。



                 ここから始まります。



                 そして発想を変えるんです。違う楽しみ方を探すんです。



                 こういう発想はどうですか?



                 嵋睨〇箸い大尽」

                 四人の二ツ目を呼ぶとしたら十万円じゃききません。


                 それを一人で、しかも千円でやっちゃえる魔法使いに自分はなったと思ってください。 もし魔法でお金が増えたらなぁ。あれを実現できるんです。




                ◆岾こ偉更圓僕茲燭大尽」


                 あなたは貨幣価値が百分の一の国に旅行に来ました。


                 この国の原住民、通称「フタツメ」には、野口英世は福沢諭吉よりも崇められていて、千円に十万円の価値を見出しています。


                 あなたが千円を差し出すとはフタツメ達は驚きました。


                 「コンナタイキン、ハジメテミタ。」



                 財布には千円札がまだまだあります。あまりに彼らが驚くのであなたは一枚の千円を原住民達にあげました。


                 すると原住民達は涙を流しながら、


                「アリガトウ、タビノオカタ。フタツメタチ、コレデハライッパイノメル。フタツメタチ、オレイスル。セイイッパイノゲイ、ミテホシイ。」


                 あなたは土地の演芸場、レンジャクテイに案内され、あなた一人のための演芸会が始まりました。



                 そんな海外旅行気分に浸ってみるのはいかがですか?




                「マナー無法地帯」

                 落語会におけるマナーがいくつかあります。


                 ○携帯はマナーモードで鳴らないように

                 ○スマホの明かりも気になるので触らない

                 ○お喋りしない

                 

                 お客様皆様が楽しめるように、開演前にこのようなお願いを申し上げます。


                 一人だと、周りのお客様がいないですから、全部OK。やってみてはどうですか?


                 ドラとかシンバルもOKです。



                 ただ、これをやられると演者としては切ないですね。



                ぁ岾很拭

                 落語会は一人の演者がお客様大勢に語りかけるというのが当たり前のスタイルです。


                 その図式が崩れますよね。


                 客席に一人だと一対一ですから、対等になるわけです。



                 あなたが逆に、面白い話をして、我々を楽しませてみるのはいかがでしょうか??



                 客席が高座に、高座が客席に。



                 世界を揺らしてみませんか??

                 



                 以上四点、提案させていただきました。

                 

                 とにかく、



                一人でも絶対帰しませんからね!

                 


                連雀亭スリル

                0


                   お遊び場所が多い中をご来場いただき、誠にありがとうございました!!



                   ちはやふる 吉緑

                   牛ほめ   らっ好

                   紙入れ   志のぽん

                   茶の湯   遊京


                   でした。


                   きゃたぴら寄席は四人の出演者がローテーションで順にトリをとっていきます。


                   本日代演だったのですが、代演でトリってなんか申し訳ない感じしますね。


                   トリの演者が受付です。


                   受付っていろいろ面白いんですよ。



                   開演10分前くらいまで女性のお客様がお一人。ゼロじゃなかったから一安心していました。すると、




                  女性のお客様

                  「もし一人だったら帰ってもいいですか?」



                   わお!


                  遊京

                  「はいー。よろしくお願いしますよー。」



                   意味不明な返事で粘らせていただきます。




                   しばらくするとまた女性のお客様が一名。


                   良かった!😄




                   もとからいたお客様が話しかけます。



                  先の女性のお客様

                  「良かった!誰も来なかったら一人だから帰ろうと思っていたんです!」



                  後から来た女性のお客様

                  「良かった!私も一人だったら帰ってます!

                   

                   一人じゃなくて良かった!!」


                   


                  二人

                  「一人じゃなくて良かった!!」



                    

                   二人は手と手を取り合って喜んでいらっしゃいました。





                   「大丈夫。君は一人じゃないよ。」




                   連雀亭は私たちに優しく語りかけます。







                  散歩

                  0


                     今日は井の頭公園に行ってきました。


                     鵜が二匹杭にとまってるんです。


                     橋からカメラを向けるとポーズをとるんです。人だかりができてアイドルみたいな人気でした。



                    通りすがりの男子大学生

                    「普段はもう一羽いるのにいないなぁ。いつも三羽なんだよ。」



                    通りすがりの女子大学生

                    「へー、そうなの??風邪かなぁ。」



                    通りすがりの男子大学生

                    「どうだろ。


                     知ってる??鵜を飼ってる人って風邪ひかないんだよ。」



                    通りすがりの女子大学生

                    「そうなの?あ!鳥って、ばい菌が多いから抵抗力があるの?」



                    通りすがりの男子大学生

                    「ううん、鵜飼いするから。


                     ガラガラガラ。」




                     さては吉窓師匠のファンだな。

                     

                     

                     

                     

                     外来種のコーナーにカミツキガメ。




                     結構かわいい顔してるんですよね。

                     微笑んでいるようにみえます。



                     普段ニコニコしてる奴には気をつけろっていいますもんね。



                     はなこがいないのはやはり寂しいですな。


                     

                     動物園の奥に行くと茶室があるのご存知ですか?、


                     これが建仁寺垣。


                     「茶の湯」に出てきますよね。




                     これが銀閣寺垣。


                     これが金閣寺垣。


                     これは光悦寺垣です。



                     ドーン!!


                     


                    遊京これからの予定(12.6更新)

                    0

                      一覧です。詳細は各月ごとに改めて掲載いたします。よろしくお願いいたします。

                       

                       

                      〜12月〜

                      11日 国立演芸場昼

                       

                      12日 研精会

                       

                      13日 国立演芸場昼

                       

                      14日 師匠の会 ぎんざ木挽亭

                       

                      15日 国立演芸場昼

                       

                      15日 安養院

                       

                      16日 那珂湊堀船せんべえ寄席 in 百華蔵

                       

                      17日 静岡 天神の湯

                       

                      17日 レザミ寄席

                       

                      18日 深川 笑福亭たま師匠独演会

                       

                      19日 並木橋落語会

                       

                      20日 国立演芸場昼

                       

                      24日 福袋演芸場

                       

                      24日 ぜん馬師匠の会 日本橋亭¥¥

                       

                      26日 homeri

                       

                      28日 浅草演芸ホール二ツ目の会

                       

                       

                      2019年

                       

                      〜1月〜

                       

                      1日 連雀亭初席

                       

                      5日 赤坂倶楽部初席

                       

                      6日 アプリカーサ寄席

                       

                      10日 日本演芸若手研精会(トリ)

                       

                      12日 さがみはら落語選手権予選

                       

                      17日 強戸寄席

                       

                      23日 大仁百笑の湯

                       

                      26日 理想の遊京。

                       

                      27日 川崎市麻生区岡上分館公開講座

                       

                       

                      〜2月〜

                       

                      3日 仙川みっちゃん寄席

                       

                      6日 巣ごもり寄席

                       

                      16日 高円寺

                       

                      17日 広尾

                       

                      21日 連雀亭を楽しくする会 浪曲入門

                       

                      23日 安養院

                       

                      25日 中目黒

                       

                       

                      〜3月〜

                       

                      2日 北とぴあ

                       

                      16日 人形町

                       

                      18日 熱海の夜

                       

                      28日 homeri

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      せんべえ寄席の危機▲┘鵐璽😇

                      0

                         

                         先日は赤坂せんべえ寄席へご来場ありがとうございました!

                         

                         

                        〜トークより〜

                         

                        馬久

                        「堀船せんべえ寄席にピンチが来てるんだよね。」

                         

                         

                        つる子

                        「え!?そうなの??」

                         

                         

                        馬久

                        「らしいですよ。ねぇ?扇兵衛さん。」

                         

                         

                        扇兵衛

                        「はい。実は同じ梶原の線路を挟んだ反対側に、新しく寄席ができるんですよ!」

                         

                         

                        遊京

                        「へー。なんてところですか。」 

                         

                         

                        扇兵衛

                        「梶原いろは亭です。」

                         

                         

                        つる子

                        「知らなかったぁ!すごい!」

                         

                         

                        馬久

                        「扇兵衛さんは情報通ですよね。」

                         

                         

                        遊京

                        「あぁ!そういえばこの間堀船でやった時、そこの主催の方のお蕎麦屋さんで食べてきたとか言ってましたね。」

                         

                         

                        馬久

                        「へー、スパイ活動じゃないですか。」

                         

                         

                        扇兵衛

                        「はい、もともと上中里でやっていた落語会が前身なんだそうです。聞くといろいろ教えてくれました。」

                         

                         

                        つる子

                        「普通の客を装っていろいろ聞いたのね。」

                         

                         

                        扇兵衛

                        「はい、美味しいお蕎麦でした。

                         

                         最後に手ぬぐいと名刺を渡して帰ってきました。」

                         

                         

                        遊京

                        「そんなスパイいるか!」

                         

                         

                        扇兵衛

                        「私もぜひ出してくださいとお願いしてきました。」

                         

                         

                        遊京

                        「凄まじい営業力だね。」

                         

                         

                        馬久

                        「扇兵衛さん、『私を使ってくれればつる子姉さんも出しますよ。』作戦はどうですか。」

                         

                         

                        つる子

                        「ちょっと!どういうこと!」

                         

                         

                        馬久

                        「『私が言えばつる子姉さんは出てくれる』とアピールするんですよ。それをだしに自分の出番を確保する作戦。」

                         

                         

                        遊京

                        「なるほど!笑点にも出て、群馬でラジオも持っている!あのつる子姉さんを!」

                         

                         

                        つる子

                        「ちょっと勝手に何言ってんのよ!」

                         

                         

                        馬久

                        「ただ姉さんも忙しいですから、扇兵衛さんが5回出演したら、姉さんをやっと1回呼べるって感じにしましょうか。」

                         

                         

                        遊京

                        「ああ、銀のエンゼルみたいにね。」

                         

                         

                        つる子

                        「ちょっと、勝手にエンゼルにしないで!」

                         

                         

                        銀の扇兵衛

                        「いやいや、姉さんは缶の方ですよ。」



                        金の扇兵衛

                        「あなたが落としたのは、この『金の扇兵衛』ですか、それとも『銀の扇兵衛』ですか。」



                        お客様方

                        「私達は何も落としていません。」



                        金の扇兵衛

                        「よろしい。正直者のあなた方には、金、銀、普通、すべての扇兵衛を差し上げましょう!」



                        お客様方

                        「やったー!!」



                        遊京

                        「ちょっと待った!!」



                        金の扇兵衛

                        「??」



                        遊京

                        「その『あなたが落としたのはどれですか』のくだりは、当人じゃなくて池の女神さまがやるもんでしょう!普通は!」



                        金の扇兵衛

                        「よろしい。正しい指摘を受けて我々は一つになりましょう。」



                         金の扇兵衛さん、銀の扇兵衛さん、普通の扇兵衛さんの表面に細かなヒビが。


                         パキッ。


                         パキッ。


                         ヒビの奥からはまばゆい白い光線が漏れてきます。


                         パキッ。


                         パキッ。


                         パキパキパキッ。




                         パリン。



                         三体の扇兵衛さんは木っ端微塵に割れ、まるでダイヤモンドの粉のようになってしまいました。



                         その瞬間、中からは大量の光が溢れ出し、ここは赤坂倶楽部じゃなくて白坂倶楽部じゃないのかというくらいに目の前が真っ白に。



                         何も見えなくなってしまいました。



                         エコーのかかった扇兵衛さんの声が聞こえます……




                        「お待たせいたしました。




                         どうぞお持ち帰りください…


                          


                          箸とスプーン、紅しょうがはそちらにございます…」





                         



                         正直者の私たちは青の扇兵衛を手に入れました。



                         

                         

                         

                         

                        ※この記事はフィクションです。実在の人物、団体とは関係がありません。

                         


                        福袋稽古レンジャー

                        0



                           昨日も代々木公園でクリスマスイブの福袋演芸場の稽古です。五人の都合を揃えるのって結構大変です。




                           たまにホームレスのおじさんが「がんばれよ〜」と応援してくれます。


                            




                           扇兵衛さんが稽古に遅れてくる緑君兄さんの代役で大熱演。




                           稽古は日暮れまで休みなく続きます。


                           

                           いろいろアイディアを出し合って、どんどんよくなっていきます!!



                           落語もこれくらい稽古しなくちゃですね。



                           ちなみに緑君兄さんはまだ来ません。



                          扇兵衛さん

                          「緑君兄さん来ませんねぇ。」



                          はな平兄

                          「さっき会が終わったってライン来てたよ。」



                          みんな

                          「あ、本当だ。」



                          花ごめ姉

                          「場所たしか神奈川だったから到着までまだ時間かかるかもしれません。」



                          遊京

                          「でも、兄さんもお疲れのところ悪いですよね。レスリングやってるの知りませんでした。」



                          はな平兄

                          「はぁ??」



                           はな平兄の「遅レス」を受けての緑君兄の「アマレス」。私、この冗談が分からなかったんですよ。



                          遊京

                          「ん??だって、アマレスって。


                           緑君兄さん、アマレスリングの神奈川大会に出てたんじゃないんですか?」




                          はな平兄

                          「そんなわけねぇだろ!


                           あんなひ弱な人がレスリングやってるわけねぇだろ!」



                           

                           結局兄さんも何とか到着して福袋稽古レンジャー五人全員で通し稽古もできました。本番まであと何回集まれるか……音響やなんかも心配です。





                          扇兵衛ブルー

                          「絶対来てくださいね。」



                          ○12月24日(月)10時開演

                           〜入船亭遊京サスペンス〜 福袋演芸場殺人事件『三枚チラシ』 

                           当日1000円

                           場所 池袋演芸場

                           

                           時そば 遊京

                           七段目 緑君

                           あくび指南 はな平

                           リレー落語 花ごめ&扇兵衛

                           コント『三枚チラシ』

                           

                           


                          ファッション

                          0


                             半衿のつけ方をおかみさんに教えてもらいました。



                             ポリエステルのものはそのまま洗っちゃえるし便利なんですけどね。



                             半衿も噺家は単色ですけど、いろいろ世間の和装を見ますと、近頃は柄物も(チェックなんか)オシャレですよね。



                             次早めにつけないと忘れるなぁ。




                             高座の着物は、普段着る洋服より高いものを着ています。(参照↓「黒門亭(いい着物)」

                            http://yukyo-irifune.jugem.jp/?eid=433




                             高座着でない普段の私服は結構無頓着でして、オシャレとなるにはほど遠いですよ。




                             でも人のファッションチェックとかテレビでみるのは好きです。


                             

                             ジャケットがいくらとか、靴がいくらとか……



                             

                             せっかくの機会ですから、私の身につけているもので一番高いもの、教えますね。




                             トップス?


                             


                             それともボトムス?




                             いやはや靴??




                             やっぱり時計??




                             全部込で教えましょう!




                             

                             正解は、







                             さし歯(15万円)





                             でした。


                             差し歯が一番高いです。(^_^)




                             いつかムービースターになって、差し歯より高い服着るんや!

                             



                            1月予定

                            0

                              ○1月1日(土)昼 13時半開演〜16時半

                               神田連雀亭新春特別興行

                               当日2000円

                               

                               

                              ○1月1日(土)夜 18開演〜20時20分

                               神田連雀亭新春特別興行

                               当日1800円

                               

                               

                              ○1月5日(土)昼 13時開演

                               赤坂倶楽部 初席 昼の部

                               木戸銭2000円 夜の部セット券3500円

                               

                               ※落語1席と中入り後に中国漫談で出演します。

                               


                              アプリカーサ寄席 

                               

                               

                               

                              ○1月9日(水)昼 11時半開演

                               神田連雀亭ワンコイン寄席

                               当日500円

                               

                               

                              ○1月10日(木)夜 18時45分開演

                               第451回 日本演芸若手研精会 (トリ 遊京)

                               当日1500円 ご予約1000円
                               場所 日本橋社会教育会館

                               https://www.mixyose.jp/wakate/

                               

                               ※年に一度のトリです。ぜひお越しくださいませ!

                               

                               

                              ○1月12日(土)

                               さがみはら若手落語家選手権

                               

                               

                              ○1月13日(日)夜 19時開演

                               神田連雀亭日替わり夜席

                               当日1000円

                               

                              ○1月17日(木)

                               強戸寄席

                               

                               

                              ○1月23日(水)

                               大仁百笑の湯

                               

                               

                              ○1月26日(土)

                               本厚木 

                               

                               

                              ○1月26日(土)19時半開演

                               第24回理想の遊京。

                               1000円(要予約)

                               場所 千駄木 chi-zu coffee 2号店(よみせ通り)

                               ご予約 yukyou@flam-boy-ant.com

                               080-3591-5515

                               

                               ※ネタおろしの勉強会です。

                               

                               

                              ○1月27日(日)

                               麻生区 講演会

                               

                               

                               

                               


                              お詫び

                              0



                                 先日の「堀船せんべえ寄席の危機」という記事ですが、一部フィクションです。




                                 実在の登場人物や団体とは関係がありません。




                                 心配のお声を頂戴しました。



                                 謹んでお詫び申し上げます。



                                 入船亭遊京


                                堀船せんべえ寄席の危機

                                0



                                  〜昨日のトークより〜


                                  全員

                                  「ついに赤坂に同期会『せんべえ寄席』が進出しました!!」



                                  お客様

                                  「イェーイ!!ヒューヒュー♪」




                                  つる子姉

                                  「私達、一緒に二ツ目に上がった仲のいい同期で、同期会はずっと堀船でやらせていただいてるんですよね!」



                                  遊京

                                  「ええ。」




                                  馬久さん

                                  「地域寄席として根付くよう頑張っているんですよ。『イキイキ!健康!堀船せんべえ寄席』。」



                                  つる子姉

                                  「そうです!笑って地域の皆さまに健康になっていただこうと!」



                                  扇兵衛

                                  「まぁ、こんなに見た目不健康そうな私が『健康になってください』って何言ってるんだって感じなんですけど。笑」



                                  遊京

                                  「ええ。」




                                  つる子姉

                                  「……堀船せんべえ寄席だと物販コーナーもあるんですよね。」


                                    

                                  扇兵衛

                                  「はい!普段は木久蔵ラーメンをお売りしています。今は脂っこいラーメンが多いじゃないですか。木久蔵ラーメンは昔ながらの中華そばですから、お年寄りにも好評なんですよ。」



                                  馬久

                                  「ちょっと待って待って!なに?今日も仲入りで売るの?笑」



                                  扇兵衛

                                  「いいえ。今日は売りません。」



                                  遊京

                                  「赤坂だから遠慮したのね。」




                                  扇兵衛

                                  「いいえ。売りたかったんですけど発注が間に合いませんでした。」



                                  お客様 

                                  「ズコーッ。」 



                                  遊京

                                  「師匠から仕入れて弟子が売る。




                                   ネズミ講ですね。」



                                  扇兵衛

                                  「違いますよ。


                                   でも兄さん、本当に商品の品質はいいんですよ。


                                   いい物を多くの人に届ける。つまりは社会の役に立てるんです。兄さんは自分が芸人として社会の役に立っていると思いますか?」



                                  遊京

                                  「うーん、役に立ってはいないかな。。。」



                                  扇兵衛

                                  「役に立ちましょうよ。せっかくこの社会にうまれてきたんだから。兄さんは今砂漠の真ん中で一人ですか?そうじゃないでしょ。この時代、一人じゃ暮らせないんですよ。


                                   人に囲まれて、関わり合いながら生きていくことは絶対なんです。どうせだったら人の役に立ちましょう。




                                   私、今怪しいですか?」



                                  遊京

                                  「ええ。」



                                  扇兵衛

                                  「ハハッ。笑 そうでしょう。こういう話をしていると、よく詐欺だと誤解されます。詐欺だと誤解されるのは一部の人のやり方が悪いせいです。一緒に夢を追いかけませんか?」



                                  遊京

                                  「夢?」



                                  扇兵衛

                                  「はい。夢です。

                                   

                                   どんな夢かって?どんな夢でもいいんです。


                                   ただどんな夢を追いかけるためにも必要なものがあります。それは何ですか?


                                   そう。お金です。


                                   なんだかんだで何をするにもお金は必要です。そのお金を稼ぎながら、つまりは夢を負いながら、自分もみんなも幸せになるんですよ。

                                   高座以外でも、皆様に笑顔になっていただけるんです!」



                                  お客様

                                  「おおー!(拍手喝采)」



                                  扇兵衛

                                  「みなさまお静かに。とりあえず兄さん、あさって日曜の13時から1時間空いていますか?」



                                  遊京

                                  「え。空いてるけど。何?」



                                  扇兵衛

                                  「OK。そのスケジュールもらいました。


                                   渋谷でセミナーがあるので参加しましょう。同じ夢を追う仲間たちが大勢いるので友達も増えますよ。みんな本当にいい人です。


                                   ああ、お客様もみなさんもし良ろしければ。今こうして皆さんが落語を聞いている瞬間も仲間たちは稼いでいるんです。出遅れていますよ。笑


                                   不安ですか?大丈夫。セミナーでどなたでも稼げる秘訣、お教えしますから。


                                   考えてみてくださいよ。このたよりなく見える私だってできたんですから。ここだけの話、私今ね、稼いだお金で、



                                   北区で牛を飼っているんです。



                                   必要なのは一歩踏み出す勇気だけ。ここから流通革命を起こすんです。



                                   さあ!みんなで笑顔になりましょう!」





                                  遊京

                                  「ネズミ講じゃねえか!」




                                  お客様

                                  「イェーイ!!チューチュー♪」










                                  赤坂せんべえ寄席

                                  0


                                     本日は㊗!!


                                     第一回赤坂せんべえ寄席でした!!



                                     都心で戦う自信がなくてコツコツ堀船でやってきた同期会。「イキイキ!健康!堀船せんべえ寄席」。あたたかなお客様に支えていただき育っています。



                                    「同期会発足の思い出」↓

                                    http://yukyo-irifune.jugem.jp/?eid=7



                                     ついに赤坂倶楽部へ乗り込みました!!😆エムズさんに感謝です!m(_ _)m




                                     お客様には「この噺家を聴け!」の広瀬和生さんもいらしてくださってビックリ!!😀




                                     この噺家を聴け!


                                      ↓↓↓↓↓


                                     (一人だけ仲間はずれがいます)



                                     仲間はずれは真ん中の方!!


                                     実は扇兵衛さんのお母さまです。赤坂進出とのことで神戸から駆けつけてくださいました。親孝行ですね。😊



                                    遊「難産だったでしょうね……」



                                    扇「私も昔は小さかったんですよ。」






                                     なるへそ! 






                                     

                                     加藤さんがまた次回も!とおっしゃってくださったのでいつかまた赤坂でやれたら嬉しいですね。金曜日の夜に、皆様ありがとうございました!!m(_ _)m



                                     次の同期会は12.16那珂湊です!


                                     会場は百華蔵!初めて伺いますが楽しみです!




                                      

                                     茨城の方いらっしゃいましたらぜひオススメしてください!!

                                     m(_ _)m



                                    華族様

                                    0


                                       昨日はまたすごいところでやらせていただきました!!


                                       NPO国際人を目指す会の皆様のお集まりにお声がけいただきまして、霞が関ビルディングの霞会館へ!

                                       


                                       霞会館……華族の皆様がお使いになるところだそうです。



                                       ちびまる子ちゃんのヒデ爺みたいな方が控室へ案内してくださいました。



                                      ヒデ爺似の方

                                      「こちらの部屋は皇族の方が控室として使われるんですよ。」


                                      (本来お前ごときが足を踏み入れて良い場所ではないのだ)

                                       

                                       深読みしてしまう癖があるので怖かったです。


                                       講演ということですが立派な高座も作っていただきました。中国漫遊記長編と、時そばを申し上げました。



                                       キョさんの連載が載っている月刊「聴く中国語」の皆様も来てくださいました。社長自らお越しいただき恐れ入ります!


                                       写真付の掲載は最後までまだまだ三年くらいかかりますよ〜



                                       打ち上げも楽しかったですね。


                                       「エスワティニ(旧スワジランド)」でダンスの国際交流をしている方や、学生時代のあだ名が「陰険」だったほど真面目な方がラテンの国に行ってすっかり変わってしまった話などなど…いろいろ伺えました!



                                       世界は広いですねぇ。



                                       



                                       


                                      カロリー

                                      0




                                         昨日は堀船地域見守り寄席、ご来場ありがとうございました〜!!


                                         

                                         終演後、まだ打ち上げという時間ではなかったですし、扇兵衛さんが上中里の喫茶店に行きたいというので一緒にいきました。



                                         堀船三丁目会館のある「梶原」って「王子」から歩いて20分くらいなんですが、上中里も近い!15分かからなかったのでは??


                                         写真は撮ってないのですが、町並みが面白く歩いていてもあっという間です。



                                         この銭湯に昔行ったとか、この店は昔から閉まっているとかいう、扇兵衛さんの思い出を聞きながら歩くのがまた楽しいんです。




                                         

                                         上中里へ着きました。






                                         お目当ての喫茶店は閉まっていました… 



                                        扇「食べログと情報が違いますねぇ。」



                                         飲食店でバイト経験もありますし、homeriのマスターからも聞いていますので上納金を納めないと高評価にならない食べログ様は信用しません。


                                         


                                        扇兵衛 

                                        「兄さん、歩かせてしまってすみません…」




                                         く〜っ!かわいい奴!


                                         


                                         扇兵衛さんにこう言われますと、人でなしの私も優しくならざるをえません。




                                        遊「いいよ。次見つけた喫茶店へ入ろう!」


                                         


                                         いや〜驚きましたわ。


                                         上中里〜西ヶ原駅〜周辺に喫茶店がない!!



                                         気がついたときには飛鳥山公園の端まで来ていました。

                                         



                                         途中から、中華屋さんも喫茶店に含めるルールに変えましたが、営業中のお店がありません……




                                         「梶原」〜「上中里」〜「西ヶ原」〜「飛鳥山」歩くこと30分!



                                        遊「こんなに歩くの久しぶりじゃないの??痩せるね。」



                                        扇「いいえ、私結構歩きますよ。

                                          (with 額を滝のようにしたたる汗)」





                                         都電荒川線「飛鳥山」の近くにやっと喫茶店を発見!



                                        遊「なんか食う?」



                                        扇「ピラフがありますね。


                                          兄さんはどうします?」



                                        遊「ブレンド!」


                                         

                                        扇「何か召し上がりませんか?」




                                         芸人は意地の張り合い!




                                        遊「分かった!ミートソースパスタ!」



                                        扇「私はエビピラフいいですか。」



                                        店員さん

                                        「お決まりですか?」



                                        扇「兄さんは?」 



                                        遊「ミートソースパスタ、やめます!

                                          エビピラフ!!と、ブレンド」


                                         

                                         人のものがよく見えるんですよね。


                                         




                                         せっかく消費したカロリーがチャラに。




                                        扇「兄さん…」



                                        遊「ん??」



                                        扇「今日頑張りましたから、これ、いいですか?」



                                        遊「好きにして!」




                                        扇「すみません、オレンジジュースもください!」



                                         消費したカロリー < パスタとジュース






                                         長生きしような!


                                        堀船番外編😊

                                        0


                                           ご存知堀船三丁目会館!



                                           ご存知林家扇兵衛さんのお膝元!


                                           同期会、イキイキ!健康!堀船せんべえ寄席の会場です!


                                           今日は地域のお年寄りの集まりに呼んでいただきました!普段使わせて頂いてる感謝の気持ちを込めて、二人で頑張りましたよ!🙋


                                           今までの同期会の様子はコチラ↓


                                          http://yukyo-irifune.jugem.jp/?eid=20

                                          http://yukyo-irifune.jugem.jp/?eid=268

                                          http://yukyo-irifune.jugem.jp/?eid=308



                                           会場目印の喫茶「山の音」さんにももちろん寄りました。

                                           チーズケーキごちそうさまでした!

                                           


                                          〜噂〜


                                           なんでも都電荒川線の線路を挟んで反対側上中里方面に新しい小屋ができるそうです。梶原いろは亭。梶原出身の扇兵衛さんは足を使っていろいろ調べていました。

                                           

                                           堀船せんべえ寄席のライバルですがついついいつもの営業スマイル。



                                          扇「兄さんの着物、いいですね。」


                                          遊「あげないよ!」


                                          扇「いや、サイズが合わないですし。私は一枚作るのに二反半必要なんですよ。」


                                           そんな「せんべえ寄席」ついに赤坂進出です!ご来場心より!お待ちしております!!


                                          ○11月30日(金)19時15分開演

                                           赤坂せんべえ寄席

                                           当日1800円 ご予約1500円

                                           場所 赤坂会館

                                           ご予約 エムズ 03-6277-7403 yoyaku@mixyose.jp

                                           林家つる子 入船亭遊京 金原亭馬久 林家扇兵衛

                                           https://www.mixyose.jp/akasakaclub/



                                          | 1/21PAGES | >>